GEEKOM A7、Ryzen 9 7940HS / Ryzen 7 7840HS搭載 ミニPCのスペックと特徴 | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

GEEKOM A7、Ryzen 9 7940HS / Ryzen 7 7840HS搭載 ミニPCのスペックと特徴

国内外通販にて多くのミニPCを展開する「GEEKOM」より、CPUにRyzen 9 7940HS あるいはRyzen 7 7840HSを搭載する「GEEKOM A7」が販売されています。いづれもメモリはDDR5 5600MT/sの32GB、PCIe 4.0のSSDを搭載し、もちろん USB4ポートも備えています。

引用元

GEEKOM A7、Amazon

GEEKOM A7、公式サイト

 

GEEKOM A7のスペック

このクラスのミニPCとしては、サイズ 112.4 x 112.4 x 37mmと、Alder Lake-N N100搭載のミニPCと同様の小さな筐体(アルミ製)です。高さが抑えられており、増設可能なSSDは、2.5インチではなく、2242サイズのM.2 SATA SSDです。

冒頭に記載のとおり、CPUはRyzen 9 7940HS / Ryzen 7 7840HSの選択式、SSDはPCIe 4.0ですが CPUが前者の場合には 1TB、後者の場合には 2TBです。

メモリは高速なDDR5 5600の32GBを搭載。同社の他製品の傾向から、おそらくは SSDとメモリは、大手ブランド Lexarの製品を搭載していると思われます。

CPUAMD Ryzen 9 7940HS / Ryzen 7 7840HS、Zen4 アーキテクチャ、8コア 16スレッド
GPUAMD Radeon 780Mグラフィックス
メモリDDR5 5600 32GB、最大 64GB
ストレージM.2 2280 PCIe 4.0 SSD 1TB / 2TB、2242サイズ M.2 SATA SSDを増設可能
WiFiWiFi6E 対応
Bluetooth5.2
ポート類HDMI x 2、USB4、USB-A 3.2 Gen 2 x 3、USB-C 3.2 Gen 2、USB-A 2.0、有線LAN
サイズ(実測)112.4 x 112.4 x 37mm
OSWindows 11 Pro
その他19V 電源アダプター(120W)

 

MINISFORUM UM780 XTX 実機レビュー、Ryzen 7 7840HS / DDR5 RAMの快適レスポンス、静音性にも優れた 作業効率アップ確実のミニPC
今回レビューする製品は、CPUにAMD Ryzen 7 7840HS、DDR5-5600 メモリ 32GB、PCIe 4.0を搭載する、ハイエンド構成の「MINISFORUM UM780 XTX」です。基本スペックが高いことにより、快速...

▲▼CPUにRyzen 7 7840HSを搭載する他社のミニPC(MINISFORUM UM780 XTX)は上の記事にてレビューしています。下の画像はGeebbench 5のCPU ベンチマークスコアですが、私がメイン利用のM2 Pro Mac miniと同水準のスコアのなり、普段使いにおいては かなりキビキビと動作します。

 

▼Ryzen 7 7840HSのCINEBENCH R23のスコアは「シングルコア 1720、マルチコア 16,589」

▲▼下の画像は、公式サイトに掲載のRyzen 9 7940HSのCINEBENCH R23 マルチコアのスコアです。Ryzen 7 7840HSの16,589に対して、Ryzen 9 7940HSは 18,286と順当なスコア。

 

▼これまでにレビューしたPCをメインに、Geekbench 5とCINEBENCH R23のスコアは以下の記事にて一覧化しています。いづれのベンチマークも、所有するPCのなかでは トップクラスのスコアです。

PC 実機で計測、Geekbench CPU ベンチマークスコアの一覧、サクサクと動作するスコアの指標

CINEBENCH R23、ミニPC・ノートPC 25機で計測のスコア一覧

 

GEEKOM IT13 実機レビュー、Core i9-13900H / メモリ 32GB / PCIe 4.0 2TB SSDを搭載し、M2 Pro Mac mini並みにキビキビ動作のミニPC

▲▼小さな筐体に、ハイエンドのCPU / メモリ / ストレージを搭載しているため、気になるのは排熱処理 / 冷却対応。スペックと筐体が異なるために同傾向ではないと思いますが、上の記事でレビューのCore i9-13900Hを搭載する「GEEKOM IT13」では、サーマルスロットリングが発動することが多く、また、ファン音量も大きいです。

本製品の場合、以下に45dBとあり それほど静音ではないものの(騒音の数字のみの判断では、IT13より静か)アルミ製ボディと大型ファンで、どこまで冷却対応できているがか ポイントの一つです(実機を確認、あるいはレビューを参照しないと何とも言えません)。

 

▲▼USB4ポートを搭載していますので、以下の記事に記載のミニPCと同様に、外付けGPU ボックス(外付けグラボ)を接続することができます。

ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア
先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。「MIN...

 

外観

丸みを帯びた角のデザインは、スペックは異なりますが、以下の記事で紹介の「MINISFORUM TH60/TH80」、「Lenovo IdeaCentre Mini Gen 8」のデザインに近いものがあります。また、電源・ポート側のシルバーとポート部分のブラックとのツートンなど、Mac miniにも似た雰囲気です。

MINISFORUM TH60/TH80、Core i5-11400H / Core i7-11800H搭載のミニPC。最安のベアボーンは49,590円とお手頃価格
MINISFORUMより、CPUにインテル 第11世代 Tiger Lake, 6コア 12スレッドのCore i5-11400Hを搭載するミニPC「TH60」、および 8コア 16スレッドのCore i7-11800Hを搭載する「TH...
Lenovo IdeaCentre Mini Gen 8、Core i5-13500H搭載のMac miniライクなミニPC。最小構成 64,790円で販売中
CPUにインテル 第13世代 Core i5-13500H、あるいは Core i7-13700Hを搭載するPC「IdeaCentre Mini Gen 8」が販売されています。Thunderbolt 4を搭載し、サイズ、デザインともに...

 

▼前面には、USB-A 3.2 Gen 2ポートを2つに、ヘッドホンジャックを備えています。

 

▼背面の左にUSB4ポートを備えています。右のType-Cポートは映像出力にも対応していますが、できればこちらもUSB4ポートだとよかったのです。

 

まとめ

上の写真は CPUにCore i9-13900Hを搭載する「GEEKOM IT13」です。IT11やA5などの他製品は同じ筐体を採用していますが。A7では筐体を刷新。A7はアルミ製であるものの、ITシリーズよりも高さが抑えられてることもあり、やはり内部の排熱対応が気になります。

 

2024年4月6日追記。以下のYahoo! ニュース記事に「GEEKOM A7」の実機レビューが掲載されています。私が懸念していたファンの音量について、「ファンノイズは耳をかなり近づけると聞こえるものの、一般的な距離であれば問題ない」とあり、安心しました。

小型筐体にRyzen 9と32GB/2TBを詰め込んだ10万円ちょっとのミニPC、GEEKOM「NUC A7」

 

▼A9と同サイズの姉妹機とも言えそうな、Core i9 12900Hを搭載する「GEEKOM XT12 Pro」も販売となりました。

GEEKOM XT12 Pro、Core i9-12900Hを搭載のミニPCが販売開始。アルミ製ボディにUSB4を2ポート搭載
ミニPCブランドの「GEEKOM」より、CPUにインテル 第12世代 モバイル向けハイエンドのCore i9-12900Hを搭載する「XT12 Pro」が販売となりました。メモリはDDR4となりますが、標準モデルで32GBを搭載し、...