GEEKOM XT13 Pro、Core i9-13900H、RAM 32GB / SSD 2TBを搭載のハイエンドミニPCのスペック | Win And I net

GEEKOM XT13 Pro、Core i9-13900H、RAM 32GB / SSD 2TBを搭載のハイエンドミニPCのスペック

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ハイエンドなミニPCを多く展開する「GEEKOM」ですが、CPUにCore i9-12900Hを搭載する「XT12 Pro」のアップグレード版として、Core i9-13900Hを搭載の「XT13 Pro」が販売されています。

アルミ製ユニボディ(アルミ削りだし)を外観の特徴とし、セットモデルは DDR4 メモリ 32GB、PCIe 4.0 2TB SSDとなり、同社の「IT13」「GT13 Pro」と並び、他社製品も含めて インテル CPUを搭載するミニPCとしては ハイエンドな構成です。

引用元・販売元

GEEKOM XT13 Pro、公式サイト

 

GEEKOM XT13 Proのスペック

「GEEKOM XT13 Pro」のスペックは下表となりますが、Core i7-13620Hを搭載するモデルも販売されています。Core i7-13620Hの場合には、メモリ 32GB / SSD 1TBのセットモデルとなります。

 

CPU Core i9-13900H、14コア 20スレッド(Pコア 6コア 12スレッド、Eコア  8コア 8スレッド)
GPU Intel Iris Xe Graphics
メモリ DDR4-3200 32GB、最大 64GB
ストレージ M.2 2280 PCIe 4.0 SSD 2TB、2242サイズ M.2 SATA SSDを増設可能
WiFi WiFi6E 対応
Bluetooth 5.2
ポート類 HDMI x 2、USB4 x 2、USB-A 3.2 Gen 2 x 3、USB-A 2.0、SD カードリーダー、有線LAN
サイズ(実測) 112.4 x 112.4 x 37mm
OS Windows 11 Pro
その他 19V 電源アダプター

 

GEEKOM IT13 実機レビュー、Core i9-13900H / メモリ 32GB / PCIe 4.0 2TB SSDを搭載し、M2 Pro Mac mini並みにキビキビ動作のミニPC
今回レビューする製品は、CPUにインテル 第13世代 Core i9-13900Hを搭載するミニPC「GEEKOM IT13」。DDR4-3200 32GB メモリ、PCIe SSD 2TBを搭載するセットモデルです。 ミニPCのなかでも、...

▲「XT13 Pro」と同じく、CPUにCore i9-13900Hを搭載する「IT13」は、上の記事にてレビューしています。以下のグラフは上の記事から引用のGeekbench 5 CPU ベンチマークのスコア(他のCPUも、PCで実測のスコア)ですが、体感レスポンスに直結するシングルコアは Apple M2 Pro以上のスコアです。私はM2 Pro Mac miniを使用することが多いのですが、普段使いにおいては、M2 Pro Mac miniと同水準でキビキビと動作します。

 

▼冷却対応として、製品紹介に「XT13 Proは、GEEKOMの最新のIceBlast 1.5テクノロジーを搭載したアクティブ冷却システムを装備」とあります。同CPUを搭載する「IT13」は、ファンが常時回転し、かつファン音量も大きいのですが、「XT13 Pro」は異なる冷却機構を採用しています。

同冷却機構(IceBlast 1.5)を採用し、CPUにRyzen 9 7940HSを搭載する「GEEKOM AE7」を現在レビュー中ですが、ファン音量は大きくなく、本製品のファン音量も懸念する必要がないように思います(CPUが異なるため、断定ではありません)。

 

外観

外観においては、以下の記事にて紹介の「GEEKOM XT12 Pro」と同じです。想像となりますが、白の天板は樹脂、シルバーの外枠がアルミ製ユニボディ(公式サイトに、アルミ製シャーシとの表現もあり)と思われます。

GEEKOM XT12 Pro、Core i9-12900Hを搭載のミニPCが販売開始。アルミ製ボディにUSB4を2ポート搭載
ミニPCブランドの「GEEKOM」より、CPUにインテル 第12世代 モバイル向けハイエンドのCore i9-12900Hを搭載する「XT12 Pro」が販売となりました。 メモリはDDR4となりますが、標準モデルで32GBを搭載し、ストレ...

 

▼前面はPD対応のUSB-A 3.2 Gen 2 x 2、USB-A 3.2 Gen 2、ヘッドセットジャックを備えています。

▲背面はUSB4 x 2、HDMI x 2、USB-A 3.2 Gen 2、USB-A 2.0、有線LANの構成です。USB4を搭載していますので、以下の記事の事例のように、外付けグラボを接続することができます。

ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア
先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。 「MINISF...

 

まとめ

「GEEKOM XT13 Pro」のリリースにより、Core i9-13900Hを搭載するミニPCは以下の3製品となりました。

  • XT13 Pro、アルミ製ボディ、USB4ポートを2個搭載
  • IT13、金属製フレーム、USB4ポートを2個搭載、SSDを3基 搭載可能
  • GT13 Pro、アルミ製ボディ、USB4ポートは1個のみ

価格的には「IT13」が最安ですが、ファン音量が大きいため、私として「XT13 Pro」あるいは「GT13 Pro」がおすすめ。ボディのデザインとしては、Mac miniに近い趣きのある「GT13 Pro」がよいとの認識です。

 

▼GEEKOM 公式ストアでは、7月21日まで「21周年セール」を開催しており、クーポン利用により Amazonよりも安価です(同社の他製品も同様)。

 

▼こちらは引用した「GT13 Pro」

GEEKOM GT13 Pro、Core i9-13900Hを搭載のハイエンドミニPCが発売に。人気の「A7」と同じ筐体を採用
GEEKOMより、CPUにインテル 第13世代 モバイル向けハイエンドのCPU Core i7-13620H、あるいは Core i9-13900Hを搭載するミニPC「GEEKOM GT13 PRO」が販売されています。 上の写真のとおり、...