GMKtec M3 ミニPC、Core i5-1245H搭載のミニPCが発売に。競合製品との簡易 価格比較 | Win And I net

GMKtec M3 ミニPC、Core i5-1245H搭載のミニPCが発売に。競合製品との簡易 価格比較

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

同スペック帯のミニPCにおいて、他ブランドよりも低価格な製品を展開することの多い「GMKtec」より、CPUに インテル 第12世代のCore i5-12450Hを搭載する ハイエンド寄りの製品「GMKtec M3」が、発売となりました。

Amazonで販売のセットモデルは、DDR4 3200MHz 16GB メモリに PCIe 3.0 SSD 512GBと、このクラスとしては標準的な構成となり、同一スペックの競合製品より やや割安です。

 

GMKtec M3のスペック

他ブランドも含めて、この1年ほどのミニPCの傾向では メジャーな海外通販サイト「AliExpress」よりも、日本のAmazonにて先行販売されるケースが多いです。本製品も同様に、10月1日現在 AliEpxressでは販売されていないものの、GMKtec 公式サイトと日本のAmazonにて先行販売されています。

CPU 第12世代 Core i5-12450H、8コア 12スレッド、最大 4.4GHz
GPU Intel UHD Graphics
メモリ DDR4-3200 16GB デュアルチャネル
ストレージ M.2 2280 PCIe 3.0 512GB
WiFi WiFi6E 対応
Bluetooth 5.2
ポート類 HDMI、USB Type-C(映像出力対応)、USB-A 3.2 x 4、有線LAN
サイズ 129.6 × 127.8 × 54.3 mm
OS Windows 11 Pro

 

GMKtec M3、Amazon

GMIKtec M3、公式サイト

 

▲上のリンク先のAmazonと公式サイトの販売情報では、以下の内部の構成(上はAmazon、下は公式サイト)が異なっています。マザーボードの表裏が逆なことはよいとして、公式サイトの画像では、SSDポートは 2280サイズのPCIe SSD / 2242サイズのSATA SSDのデュアルポートとなっています。2.5インチ SATA HDD / SSDを取付可能との文言がなく、おそらくは 2242サイズのSATA SSDを増設可能と思われます。

また、公式サイトのPCIe SSDの情報では「M.2 2280 PCIe 3.0, Up to 2TB, supports PCIe 4.0(標準装備はPCIe 3.0 SSDだが、高速なPCIe 4.0 SSDをサポート)とあります。このクラスでは PCIe 4.0 SSDをサポートしていることも多いため、公式サイトの情報が確かだろうと思います(断言はできません)。

▲CPUファンの位置からすると、マザーボードは表裏逆が正解でしょう。

 

▼第12世代 Core i5-12450HのPCを使用したことはないのですが、指標としては以下のミニPCのレビューを参照ください。世代・型番としては、以下のCore i5-13500HとCore i7-11390Hの中間となりますが、このクラスでの普段使いでは レスポンスの差を感じないほどに、サクサクと動作します。

MINISFORUM NPB5 実機レビュー、Core i5-13500H / DDR5 メモリ搭載により快適動作。冷却対応にも優れた静音ミニPC

GEEKOM IT11 実機レビュー、Core i7-11390H / USB4を2ポート装備のミニPC。内部の作りも丁寧な おすすめ製品

 

▼HDMI、USB Type-C(映像出力対応)、USB-A 3.2 x 4、有線LANのポート類は、このクラスとしては一般的な構成です。

 

競合製品との価格比較

CPUに Core i5-12450Hを搭載する他ブランドのミニPCとしては、以下の製品があります(価格は Amazonの10月1日現在です)。

MINISFORUM UN1245、メモリ 16GB / SSD 512GB、51,014円

AskHand、メモリ 16GB / SSD 512GB、49,900円

GMKtec M3、メモリ 16GB / SSD 512GB、46,083円

 

GMKtec M3とAskHandの製品はデザインは異なるものの、ポート類・電源ボタン・通風孔の位置が同じことから、OEM製品あるいは同じマザーボードとヒートシンク・ファンを使用しているように思います。

なお、MINISFORUM U1245は、やや割高であるものの、USB Type-CはPDに対応し、外部モニターが100WのPDに対応している場合、ケーブル1本でモニターへの映像出力・ミニPCへの給電に対応しています。ただし、100WのPDに対応しているモニターは多くないです。