Lenovo 秋の大感謝祭セールを開催中、ThinkPad E14 Gen 5、Yoga 7 Gen 8などのおすすめ製品情報 | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Lenovo 秋の大感謝祭セールを開催中、ThinkPad E14 Gen 5、Yoga 7 Gen 8などのおすすめ製品情報

上の写真は私が使用している「Lenovo ThinkPad E14 Gen 5」ですが、E14のインテルモデル・AMD モデルをはじめ、多くの製品が割引となる「Lenovo 秋の大感謝祭セール」が、Lenovo 公式ストアで開催されています。

今回はこのセールのなかから、私がおすすめする製品の一部をピックアップしました。

セール会場はこちら

Lenovo 秋の感謝謝祭 セール会場

ThikPad セール会場

 

ThinkPad E14 Gen 5

ThinkPadのなかではエントリーとなる「E14 Gen 5」ですが、ThinkPad X1 Carbonと同様に 快適タイピングのキーボード(X1 Carbonよりもストロークはやや深め)に、アスペクト比 16 : 10の14インチ ディスプレイを搭載しています(タイトル下の写真は「E14 Gen 5」です。

 

ThinkPad E14 Gen 5 実機レビュー、Core i7-1360P / 2.2K 解像度モデルは快速・快適、タイピング感も上質

ThinkPad E14 Gen 5、片面実装 2nd SSDの増設手順。SSD 2基搭載、メモリ 32GBの仕様にカスタマイズ

ThinkPad E14 Gen 5のメモリを16GBから32GBに増設、手順と増設前後のベンチマークスコア

 

私は上のリンク先記事にて実機レビューのCore i7-1360P、2.2K 解像度 ディスプレイのハイエンド寄りのモデルを購入しましたが、以下などを大きな特徴とします。

  • CPUはインテル 第13世代、AMD Ryzen 7番台から選べるうえ、カスタマイズ項目も豊富。
  • メモリの空きスロット、2nd SSD(2242サイズ、M.2 PCIe SSD)の空きポートを備え、メモリとSSDの増設も可能。私はメモリ オンボード 16GBから32GBに増設、2nd SSD 512GBを増設しています。
  • 厚み、重量はありますが、アルミ製の底板、樹脂製の天板ともに、意外と質感は高いです。

 

▼こちらは増設した 2nd SSD。上のリンク先記事に、増設手順などを掲載しています。

 

▼最安構成のAMD Ryzen 3 7330U モデルは、他のモデルよりもパフォーマンスがわるいため、より上位のモデルが無難です。Ryzen 5 7530U / メモリ 16GB / SSD 512GBのモデルは 87,890円。私が購入の Core i7-1360P / メモリ 16GB / SSD 1TBのモデルは139,920円。

ThinkPad E14 Gen 5 AMD、Ryzen 5 7530U

ThinkPad E14 Gen 5、Core i7-1360P

 

▼ThikPad E14 Gen 5など、Lenovo 楽天市場店の実質価格が安いケースがあります。例えば、E14 Gen 5のCore i7-1360Pモデルの場合、Lenovo 公式ストアでは 139,920円ですが、Lenovo 楽天市場店では 142,720円。私の場合の楽天市場でのポイント還元を考慮すると 実質 127,022円です。また、大幅割引のクーポンを配布していることもあります。

レノボ・ショッピング 楽天市場店

Yoga 7 Gen 8

こちらは以下の記事にて実機レビューの、Yoga スタイル 14インチ「Yoga 770i」の後継モデル・AMD CPU版の「Yoga 7 Gen 8」です。CPUに Ryzen 7 7735Uを搭載するモデルがセール対象となっており、メモリは高速なLPDDR5 6400MHzの16GBを搭載しています(ただし、オンボード)。

Lenovo Yoga 770i 実機レビュー、上質なアルミ製ユニボディ、有機ELの鮮やか液晶、快適レスポンスの14型YogaスタイルPC
今回レビューする製品は、14インチ 有機ELパネル 2.8K 解像度、CPUにCore i7-1260Pを搭載する「Lenovo Yoga 770i」です。4スピーカーにアルミ製ユニボディの筐体でデザインもよい製品です。開封して驚い...

 

14インチのディスプレイは、2.8K 解像度の有機E、光沢・タッチパネルです。以下は同仕様のディスプレイの「Yoga 770i」ですが、明るく鮮やか、ブラックと他の色とのコントラストが明瞭な液晶です。ただし、Web サイトでの明るい画像は、ややギラつき感が強いように感じます。

 

▼Ryzen 7 7735U、メモリ 16GB、SSD 512GBモデルのセール価格は 149,820円

Lenovo Yoga 7 Gen 8

 

IdeaPad Slim 5i Gen 8 – OLED

私が上記の「ThinkPad E14 Gen 5」を購入する際に迷ったのが、こちらの「IdeaPad Slim 5i Gen 8 – OLED」。CPUには インテル 第13世代 モバイル向けのなかでもハイエンドな Core i5-13500H、メモリはオンボードとなりますが、16GB LPDDR5 5200MHz(ThinkPad E14 Gen 5は LPDDR4)と高速です。

さらには、液晶はアスペクト比 16 : 10の有機ELパネル、100%DCI-P3の広い色域で写真の編集・閲覧などにも向いています。

 

▼製品の詳細は以下の記事に掲載しています。

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 OLED、Core i5-13500H / 16GB LPDDR5 / 有機EL 14型ノートが 89,870円で販売中
私は現在、記事編集用に10万円未満の14インチ アスペクト比 16 : 10、インテル 第13世代 Coreを搭載のノートパソコンを物色しています。このなか、コスパ抜群の製品が、「Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8...

 

▼CPUのCore i5-13500Hのベンチマークスコア、体感レスポンスは以下の記事を参照。在宅勤務、Web サイトのブラウジング、動画視聴などの普段使いでは、私がメイン利用している M2 Pro Mac miniと遜色なく キビキビと動作します。

MINISFORUM NPB5 実機レビュー、Core i5-13500H / DDR5 メモリ搭載により快適動作。冷却対応にも優れた静音ミニPC
今回レビューの製品は、CPUにインテル 第13世代 Core i5-13500Hを搭載するミニPC「MINISFORUM NPB5」です。DDR5 メモリに PCIe 4.0のSSD、USB4ポートを2個装備と、基本スペックはハイエンド...

 

▼上の紹介記事の時点より やや値上がりしていますが、それでも94,820円の価格は大きな魅力です。

IdeaPad Slim 5i Gen 8 – OLED、販売ページ

 

ThinkPad X13 Gen 4

Core i3-1315Uを搭載し、13.3インチ アスペクト比 16 : 10の「ThinkPad X13 Gen 4」が 99,990円での販売です。シリーズ中 最小構成のモデルとなり、CPUには Core i3-1315U、メモリはオンボード 8GB(他のモデルは16GB)となるものの、高速なLPDDR5-6400MHzです。

また、13.3インチの液晶は、100% RGBの色域の広いモデルとなり、写真の編集などにも適しています。ThinkPad Eシリーズの最小構成では、色域の狭い液晶が標準装備となり、100% RGBの液晶はメリットの一つです。

 

▼上記の「ThinkPad E14」、「Yoga 7 Gen 8」、「IdeaPad Slim 5i Gen 8」と同様に、アスペクト比 16 : 10のディスプレイです。13.3インチ アスペクト比 16 : 9のディスプレイと比較すると、横に狭く 縦に長い表示領域となり、Web サイトやExcelでの数行分(2,3行ほど)の表示領域の広さが、作業の効率化に貢献します。

 

▼セール価格は 99,990円。重さは1kgちょっとですが、ThinkPad X1 Carbonよりも僅かに軽量です。軽さを重視なら ThinkPad X1 Nanoとなりますが、価格差が大きいために、コスパ重視ではX13も選択肢となります。

ThinkPad X13 Gen 4、Core i3-1315U モデル

 

ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4

在宅勤務やWeb サイトのブラウジング、動画視聴などの普段使いではキビキビと動作する「ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4」のCore i5-13420Hを搭載するモデルが 66,880円での販売です。

メモリはDDR4-3200MHz 16GB / SSD 256GBと、SSDの容量に物足りなさもありますが、2.5インチ SATA SSD あるいはHDDを増設することができます。

また、私個人としては、映像出力が HDMIとDPであり、DisplayPortを備えていることも、メリットであるように感じます。DisplayPortを装備することにより、断定はできませんが、以下の記事で記載のように、旧型 iMacを外部モニターとできる可能性もあります。

古いiMacでのターゲットディスプレイ、Win 10 PC 5台で試してみた。GPU統合型PCでは即認識し安定動作
旧モデルの iMacのターゲットディスプレイの機能において、Windows パソコンを接続して利用できる・できないの様々な見解があります。今回、Mini DisplyPortを装備する「iMac 27インチ Mid 2010モデル」にて...

 

▼詳細記事はこちら。記事投稿の8月よりも値上がりしていますが、

ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4、Coire i5-13420H搭載、最小構成でもメモリ 16GB、58,850円と高コスパ
今回紹介する製品は、CPUにインテル 第13世代 モバイル向けハイエンドの「Core i5-13420H」を搭載する「ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4」。最小構成においてもメモリ 16GBを搭載し、2023年...

 

▼セール価格は 66,880円。USB マウス・キーボードが付属しています。

ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4

 

ThinkBook 14 Gen 6 AMD

Lenovo 秋の大感謝祭での掲載順序や広告を見ていると、新製品と言うこともあり、Lenovoとしてはこちらの「ThinkBook 14 Gen 6 AMD」を推しているようです。

CPUにはAMD Ryzen 7000シリーズのうち、無難なRyzen 5 7530Uを搭載し(より安価な製品に搭載のRyzen 5 7520Uはパフォーマンスがやや劣る)、メモリは16GB DDR4-3200MHz、SSDは512GB PCIe SSD、14インチディスプレイのアスペクト比は 16 : 10と、「ThinkPad E14 Gen 5」のRyzen 5 7530Uモデルと同じ基本スペックです。以下のアルミ製・ツートンカラーの天板のデザインも わるくありません

▼セール価格は 83,600円。「ThinkPad E14 Gen 5」の基本スペックが同じモデルは 84,920円となり、私としてはキーボードのタイピング感からE14 Gen 5推しです。

ThinkBook 14 Gen 6 AMD

ThinkPad E14 Gen 5 AMD

 

まとめ

その他、ThinkPad E16、ThinkBook 16、IdeaPad シリーズなど、多くの製品がセール多少となっています。セール対象のうち、私のおすすめはやはり ThinkPad E14、次点が IdeaPad Slim 5i Gen 8。タイピング重視、あるいは拡張性では ThinkPad E14、コスパの高さでは IdeaPad Slim 5i Gen 8。

なお、Lenovo 楽天市場店では、大幅割引のクーポン配布 あるいはポイント付与を行うこともあり、実質価格としては楽天市場が安価なこともあります。

セール会場はこちら

Lenovo 秋の感謝謝祭 セール会場

ThikPad セール会場

 

参考サイト

レノボ・ショッピング 楽天市場店