GMKtec K4、Ryzen 9 7940HS搭載のミニPCのスペック。競合する「MINISFORUM UM790 Pro」との価格比較 | Win And I net

GMKtec K4、Ryzen 9 7940HS搭載のミニPCのスペック。競合する「MINISFORUM UM790 Pro」との価格比較

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

国内外通販において多くのミニPCを展開するGMKtecより、CPUにAMD Ryzen 9 7940HSを搭載する「GMKtec K4」がAliExpressにて販売されています。DDR5 5600MHz メモリにPCIe 4.0 SSDと、CPUに見合うバランスのよいスペックです。

今回は、「GMKtec K4」のスペックの確認とともに、先行してリリース(予約販売)の「MINISFORUM UM790 Pro」「Beelink GTR7 Pro」との価格を比較してみました。

引用元、販売元

GMKtec K4、AliExpress

GMKtec K4、Amazon

 

GMKtec K4のスペック

上の画像に「Easy DIY」とありますが、天板が簡単に開き、メンテナンスしやすいことも特徴の一つです。

 

CPU AMD Ryzen 9 7940HS、8コア16スレッド
GPU AMD Radeon 780M 12 コア 2700MHz / 2800MHz
メモリ 最大 64GB DDR5 5600MHz、2スロット
ストレージ 最大 1TB M.2 PCIe 4.0 SSDM.2 PCIe 4.0 SSDを増設可能
WiFi WiFi6
Bluetooth 5.2
ポート類 USB4、USB 3.2 x 3、USB 2.0、HDMI x 2、有線LAN
サイズ 120 x 110 x 40mm
OS Windows 11 Pro
その他 筐体は金属製

 

AMD Ryzen 9 7940HSを搭載するミニPCとしては、以下の2製品が先行してリリース(予約販売)されています。これらと比較すると「GMKtec K4」はポート類や機能など、CPU以外はミドルレンジクラスのミニPCと大差ないイメージです。

MINISFORUM UM790 Pro / 780 Pro、Ryzen 9 7940HS / 7 7840HS 搭載のミニPC。UM790 Proの予約販売開始
MINISFORUMより、Ryzen 7 7840HSを搭載するミニPC「UM780 Pro」とRyzen 9 7940HSを搭載する「UM790 Pro」がリリースされました。デュアルチャネルで動作のDDR5 5600MHz メモリ、デュ...
Beelink GTR7 Pro、Ryzen 9 7940HSを搭載のミニPC フラッグシップ機。USB4、マグネット式 DC-IN、PCIe 4.0 SSDポートを2基搭載
ミニPCの老舗ブランド「Beelink」より、CPUにAMD Ryzen 7 7840HSを搭載する「GTR7」、および AMD Ryzen 9 7940HSを搭載する「GTR7 Pro」が発表されました。2023年5月3日時点では、AMD...

 

同じく AMD Ryzen 9 7940HSを搭載する「MINISFORUM UM790 Pro」「Beelink GTR7 Pro」との比較も含め、CPU以外の「GMKtec K4」のスペックの補足は以下です。

  • サイズは「MINISFORUM UM790 Pro」の130 × 126 × 52.3mm、「Beelink GTR7 Pro」の168 x 120 x 49mmに対して、「GMKtec K4」は 120 x 110 x 40mmとコンパクト。この一回り小さなサイズが、冷却にどのように影響するかもポイントの一つ。
  • 冷却において、「MINISFORUM UM790 Pro」はCPUの冷却には液体金属を採用し メモリとSSDの冷却板があり、「Beelink GTR7 Pro」はファンを2個(CPU、メモリ・SSD用)搭載しているのに対して、「GMKtec K4」は大きなファンでの対応。
  • 「MINISFORUM UM790 Pro」と「Beelink GTR7 Pro」は USB4を2ポート搭載していますが、「GMKtec K4」は未搭載。Amazonでの販売情報によると、前面にUSB4ポートを搭載しています。
  • 「GMKtec K4」のSSDのReadは 3300MB/sと速度は控えめ。発熱を考慮しているように思います。

 

▼「GMKtec K4」は、ミニPCとしては大きなファンを搭載しているように見受けられます。

 

▼高スペックながらも、ポート類はUSB Type-C USB4、USB 3.2 x 3、USB 2.0、HDMI x 2、有線LANと、エントリークラスからミドルレンジのミニPC並みです。USB Type-Cは記載がないことからデータ専用と思われます。

 

▲▼2023年6月の記事投稿時には「USB4ポートを未搭載」としていましたが、前面に搭載していました。これにより、映像出力、以下の記事で掲載のように 外付けGPUボックスの接続も可能です。

ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア
先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。 「MINISF...

 

▲▼天板はネジを外すことなく簡単に開く仕様であり、メモリの増設・換装、SSDの換装が行いやすいです。また、万一、熱の課題を抱えていた場合、天板を外して USBファンなどにより冷やすこともできます。

ミニPCと旧型 iMacの冷却用に 12cm USBファンを購入。ミニPCとのサイズはぴったりフィット
背面に熱を帯びる旧型 iMac (27インチ Mid 2010)と、暑い夏に備えたミニPCの冷却対応にと購入した、2基連結 USB駆動の12cm ファン。静音仕様なこともあり風量は弱いのですが、上の写真のとおり、ミニPCとのサイズ的なマッチ...

 

Ryzen 9 7940HSのパフォーマンス

4nmプロセス、Zen4 アーキテクチャのRyzen 7040シリーズのなかでも ハイエンドとなる Ryzen 9 7940HSを搭載しています。

以下のグラフは、モバイル向けの主だったCPUのGeekbench 5のスコアをグラフ化したもの(実機で計測のPCのスコアは、こちらの記事に掲載しています)です。Ryzen 9 7940HS / Ryzen 7 7840HSのスコアは海外サイトから引用のスコアですが、Ryzen 9 7940HSは 私がメイン使用のM2 Pro Mac miniよりも高いスコアとなり、普段使いでは快速です。

競合製品との価格比較

前述のとおり、Ryzen 9 7940HSを搭載し競合するミニPCは、「MINISFORUM UM790 Pro」と「Beelink GTR7 Pro」です(リンク先は個別の紹介記事)。

機能が豊富な順では、「Beelink GTR7 Pro(注1)」「MINISFORUM UM790 Pro(注2)」「GMKtec K4」となりますが、メモリ 32GB / ストレージ 1TBに統一した場合の価格は以下です。なお、MINISFORUM 公式ストアは円表示ですが、USストアにて USD価格を確認しています。

注1)USB4 x 2、PCIe SSD ポート x 2、指紋認証を搭載

注2)USB4 x 2、PCIe SSD ポート x 2を搭載

 

ポート類が控えめな「GMKtec K4」が最も安価と思いきや、「MINISFORUM UM790 Pro」のコスパのよさが際立ちます。「GMKtec K4」は今後の値下げに期待です。

 

2024年4月14日追記。Amazonにおいても販売されています。4月14日現在の価格は、ポイント還元を含み実質 98,672円。競合する「MINISFORUM UM790 Pro」のタイムセール価格とほぼ同価格です。ただし、UM790 ProのSSDは512GB、GMKtec K4は1TB。

 

▼競合する「MINISFORUM UM790 Pro」

コメント