BMAX B1 Pro、約13千円で販売の薄型ミニPCのスペック。エントリーCPUで用途限定向き | Win And I net

BMAX B1 Pro、約13千円で販売の薄型ミニPCのスペック。エントリーCPUで用途限定向き

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Amazonを巡回していて、価格面で気になったミニPCが「BMAX B1 Pro」。CPUはGemini Lake (Celeron) N4000とエントリークラスですが、クーポン利用により 12,999円(2024年5月18日現在)で販売されています。

CPUが非力なため、メールやWordなどの作業向け、あるいはファイルサーバー構築のベースなどの用途となりますが、あと数千円の出費で Alder Lake N100を搭載するミニPCが購入できるため、微妙な位置付けの製品です。

引用元・販売元

BMAX B1 Pro、Amazon

BMAX 公式サイト

 

BMAX B1 Proのスペック

上の画像の左上には「ファンレス」とありますが、Amazon レビューを参照すると、小さなCPUファンが備わっているようです。

ちなみに、BMAXのミニPCの型番は、B1 / B2などと Bに数値が付与されますが、数値に伴いスペックアップとなります。型番のとおり、本製品は最もエントリーの製品ですが、以下の無印のB1 / B1 Plus、そして本製品のB1 Proと、CPUは徐々にグレードアップしています。

BMAX B1、99.99ドルのミニPCがリリース。エントリーCPUながらもM.2 SSDスロットを備えることが大きな魅力

100ドルPCのBMAX B1 Plus、Celeron N3350にスペックアップし、M.2 SSDを増設可能と機能は充実

 

CPU Gemini Lake N4000、2コア2スレッド
GPU Intel HD Graphics 600
メモリ DDR4 8GB オンボード
ストレージ 128GB、2280サイズのM.2 SATA SSDのスロットあり
WiFi 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
ポート類 USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、HDMI、VGA、有線LAN
サイズ 12.0 x 12.0 x 2.6 cm
OS、その他 Windows 11(製品紹介では Proと読み取れます)

 

スペックに不明瞭な箇所が多々あり、不明瞭な事項も含めて補足します。

  • CPUに Celeron N3060を搭載していた無印の「B1」を、上のリンク先記事にて紹介していますが、記事の投稿年月=概ね発売年月は 2019年11月。「B1 Pro」も筐体は同じですので、設計自体は古い製品です。
  • 製品紹介のイメージ画像では「ファンレス」と記載がありますが、実際には小さなファンあり(Amazon レビューコメントより)。
  • 「128GBのストレージはeMMCであり、M.2 SATA SSDを増設可能なのか」、あるいは「128GBのM.2 SATA SSDを搭載しているのか」、明記されていません。従来製品の「B1」「B1 Plus」を踏襲している場合には、前者の「eMMC + M.2 SATA SSDを増設可能」です。
  • なお、PCIe SSDには未対応であり、増設(換装)する場合には 2280サイズのSATA M.2 SSDです。
  • メモリはオンボードであり、換装・増設できません。
  • CPUのGemini Lake N4000は、モバイル向けの省電力 CPUでは3世代前(現行は Alder Lake-N、前世代がGemini Lake、前々世代がGemini Lake)のもの。なかでも、N4000はエントリークラスであり、Windowsの更新により バックグラウンドが動作している際など、極端に動作が遅くなりましす。

 

▼電源ボタンがDCポート側にある、珍しい仕様の製品です。

 

▼2280サイズのSATA M.2 SSDを、背面から簡単に取り付けできる仕様です。

 

まとめ

Amazonでの価格と、「過去1か月で50点以上 購入されました」の文言により記事にしましたが、筐体・設計自体が2019年と古く、また、CPUが3世代前のエントリークラスのN4000であり(N4100だとよかったのですが)、普段使いとしても 遅さを感じることに留意ください。

私の同クラスのCPUを搭載するPCの使用感では、Web サイトのブラウジングやYouTubeの視聴などの軽い作業でも 遅さを感じます。

約13千円と安価であることが魅力であり、ファイルサーバーの構築やWordなどの用途限定の場合には、選択肢の一つです。ただし、普段使いで活用する場合、数千円から1万円ほどの追加出費となりますが、Alder Lake N95 あるいはN100のミニPCをおすすめします。

引用元・販売元

BMAX B1 Pro、Amazon

BMAX 公式サイト

 

▼Alder Lake N100を搭載するBMAXの製品、その他のおすすめ製品の事例はこちら。

BMAX B4 Plus、Alder Lake N100、フル機能 USB Type-C搭載 ミニPCのスペックと特徴
インテル 第8世代 モバイル向けのCore i5クラスのパフォーマンスとなることで人気のAlder Lake-N N95/N100を搭載するミニPC。当サイトにおいても複数の製品をレビューしていますが、コスパを追求するために、機能を絞った製...

 

MINISFORUM UN100L、Alder Lake N100搭載のミニPCが発売に。Altモード USB-C、LPDDR5 RAM、PCIe SSDを搭載
MINISFORUMより、CPUにAlder Lake-N N100を搭載するミニPC「UN100L」が発売されました。N100を搭載するミニPCは、Amazon 他の国内通販においても、機種選定に困ってしまうほどに多数販売されていますが、...

 

▼こちらはN100搭載 ミニPCのベンチマークスコア・体感レスポンスの事例です。

Beelink EQ12 実機レビュー、Alder Lake N100 / DDR5 16GB / PCIe 500GB SSDで 約32千円とコスパ度最強。Core i7-8565Uと同水準のベンチスコア
今回レビューする製品は、CPUにインテル 第12世代 Alder Lake-N N100を搭載するミニPC「Beelink EQ12」。同社のN100を搭載する製品としては「S12 Pro」がありますが、「EQ12」はDDR5 メモリを標準...