Beelink SEi14、Core Ultra 5 125H搭載 ミニPCのスペック。金属製筐体、DDR5 RAM 32GB、Thunderbolt 4を装備 | Win And I net

Beelink SEi14、Core Ultra 5 125H搭載 ミニPCのスペック。金属製筐体、DDR5 RAM 32GB、Thunderbolt 4を装備

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Beelinkより、CPUにCore Ultra 5 125Hを搭載するミニPC「Beelink SEi14」が販売されています。数ヵ月前から、インスタにてアナウンスされていましたが、6月28日現在では国内通販ともに販売中。

Amazonで販売のモデルは、DDR5 メモリ 32GB、PCIe 4.0 1TB SSDSの構成です。また、ハイエンドのミニPCらしく、USB4(Thunderbolt 4対応)、PCIe 4.0 SSDの空きスロットを装備しています。

引用元・販売元

2024年6月28日現在の価格は、Amazonが AliExpressよりも やや安価です(Amazonでは 111,800円)。

Beelink SEi14、Amazon

Beelink SEi14、AliExpress

 

Beelink SEi14のスペック

上の画像のとおり、DDR5のメモリは2スロット、PCIe 4.0 SSDを2基 搭載可能です。最近のハイエンドのミニPCでは、増設用のSSDとして 2.5インチ SATA SSDではなく、PCIe 4.0 M.2 SSDとするモデルが増えてきました。

 

CPU Core Ultra 5 125H、14コア(Pコア 4、Eコア 8、低消費電力 Eコア 2) 18スレッド、最大 4.5GHz
GPU Intel Arc Graphics
メモリ 32GB(16GB x 2) DDR5-5600、2スロット
ストレージ M.2 PCIe 4.0 SSD 1TB、M.2 PCIe 4.0 SSDの空きポートあり
WiFi WiFi6 対応
Bluetooth 5.2
ポート類 USB4、USB-C(データ専用)、USB-A Gen 3.2 x 2、USB 2.0 x 2、HDMI、DisplayPort、有線LAN
サイズ 135 x 135 x 44.6mm
OS Windows 11 Pro
その他

 

▲▼製品紹介に、CINEBENCH R23 マルチコアのスコアは13451とあります。以下の記事にて、同じく Core Ultra 5 125Hを搭載する「Lenovo ThinkBook 13x Gen 4」をレビューしていますが、そちらでの マルチコアのスコアは 9310と、大きな差があります。ThinkBook 13x Gen 4はお借りした端末でのレビューであり、今は手元になく再計測できないのですが、ThinkBookのTDPを抑えた状態(28W)で計測した可能性もあります。

ThinkBook 13x Gen 4 実機レビュー、Core Ultra 5 125H、2.8K 液晶、アルミ製筐体に高音質サウンド、快適キーボードと、おすすめの13.5型ノート
今回レビューする製品は、Lenovoの13.5インチ Windows 11 PCの「ThinkBook 13x Gen 4」です。CPUにCore Ultra 5 125H、メモリは LPDDR5x 8400MHzの16GB オンボード、1...

 

▼以下の記事にて、これまでに実機レビューしたPCの、CINEBENCH R23のスコアを一覧化しています。製品紹介どおりに、CINEBENCH R23 マルチコアのスコアを13451とした場合、Apple M2 Proよりも高いスコアとなり、Ryzen 9 6900HXと同じ水準、Core i5-13500Hに一歩及ばず。

CINEBENCH R23、ミニPC・ノートPC 30製品で計測のスコア一覧。キビキビ動作のスコアの指標

 

▼底板は樹脂製ですが、外枠は金属製(おそらく、アルミ製)。大きなヒートシンク、底板の上にダストフィルターを装備しています。また、PCIe 4.0 x 2個(1つは増設用の空きスロット)の冷却のため、SSDのヒートシンクを備えています。

 

▼複数層のヒートシンク、SSD ヒートシンク、金属製の外枠と相まって、Beelinkの他のミニPCと同じく 冷却対応は しっかりと考慮されています。製品情報によると、CPU 使用率 100%の場合にも、CPU 温度は80℃未満、ファン音量は32dB。私のBeelink ミニPC 数製品の使用感では、公表のCPU 温度・ファン音量には及ばないものの、CPU 温度は抑えられ、静音性に優れた製品であり、本製品も同様と思われます。

外観

 

タイトル下の画像の再掲載です。2024年6月28日現在、Amazonではシルバーモデルのみの展開ですが、AliExpressではスペースグレイのモデルも販売されています。

アルミ製の丸みを帯びた筐体は、Mac miniに近いデザイン(Mac miniよりもサイズはコンパクト)ですが、より明るいシルバー色です。なお、以下のAMD Ryzen 7 8845HSを搭載する「Beelink SER8」も同じ筐体を採用しています。

Beelink SER8、AMD Ryzen 7 8845HSを搭載のミニPCが発売に。スペックと価格情報
ミニPCの大手ブランド「Beelink」より、CPUにAMD Ryzen 7 8845HSを搭載する「SER8」がリリースされました。Zen 4 アーキテクチャのパワフルなCPUのほか、メモリはDDR5 5600MHz、SSDはPCIe 4...

 

▼厚みのあるヒートシンクですので、背面の通風孔の面積も大きいです。映像出力は、HDMI、DisplayPort、USB4(Thunderbolt 4 対応)の3系統。欲を言えば、USB4 ポートがもう一つあるとよかったのですが。Beelinkと同じく ミニPCの大手ブランドである「MINISFORUM」と「GEEKOM」の製品では、USB4 x 2個の製品が複数あります。

▲前面にはデータ専用のUSB-C ポート、万一のフリーズ時にも安心な、CMOS クリアを備えています。

 

まとめ

CPUにCore Ultra 5 125Hを搭載するミニPCは、GMKtecから「K9」が販売されています。メモリ 32GB / SSD 1TBの、6月29日現在のAmazon 価格は以下です。

  • 「Beelink SEi14」は、クーポン利用により 111,800円
  • 「GMKtec K9」は、クーポン利用により 93,000円

双方ともに、基本スペックは同じ、ポート類・拡張性もほぼ同じです。GMKtecのミニPCは、他ブランドよりも安価で販売されていることが多いのですが、18,800円の価格差は大きいです。デザイン的には「Beelink SEi14」が優れていますが、価格優先では「GMKtec K9」です。

 

 

▼こちらは競合する「GMKtec K9」

GMKtec K9、Core Ultra 5 125H 搭載 ミニPCのスペック。ベアボーンも販売中
国内外の通販サイトにて、多くのミニPCを展開する「GMKtec」より、CPUにCore Ultra 5 125Hを搭載する「GMKtec K9」が販売となりました。AliExpressでは、メモリ、ストレージ、OSなしのベアボーンのほか、最...