BOSGAME M1、Ryzen 7 7840HS、26mm スピーカーを2個搭載のミニPC、USB4を2ポート装備し、9万円未満で販売中 | Win And I net

BOSGAME M1、Ryzen 7 7840HS、26mm スピーカーを2個搭載のミニPC、USB4を2ポート装備し、9万円未満で販売中

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

CPUにAMD Ryzen 7 7840HSを搭載するミニPCは、MINISFORUM、GEEKOM、Beelinkなど、復数のブランドから販売されていますが、今回紹介するのは「BOSGAME」の製品です。

OCulinkを装備する「MINISFORUM UM780 XTX」など、特徴を有する製品もありますが、「BOSGAME M1」は、26mmのデュアルスピーカーをビルトインしていることが大きな特徴です。

BOSGAME M1のスペック

他ブランドの同スペック帯のミニPCとの比較では、スピーカーをビルトインしていることが最大の特徴ですが、以下の構成など、フル装備です。

  • メモリはDDR5 5600MHz、標準 32GB、最大 96GB
  • PCIe 4.0 M.2 スロットを2個装備、ヒートシンクも装備
  • USB4を2ポート装備
  • 映像出力は、HDMI、DisplayPort、USB-Cの3系統

 

CPU AMD Ryzen 7 7840HS、Zen4 アーキテクチャ、8コア 16スレッド、最大 5.1GHz、AMD Ryzen AI エンジンを搭載
GPU AMD Radeon 780M グラフィックス
メモリ DDR5 5600 32GB / 64GB、最大 96GB
ストレージ M.2 2280 PCIe 4.0 SSD 1TB、PCIe 4.0の空きポートあり
WiFi WiFi6E 対応
Bluetooth 5.2
ポート類 USB4 x 2、USB-A 3.2 Gen 2 x 4、USB-A 2.0、HDMI、DisplayPort、有線LAN x 2
サイズ 13.59 x 13.21 x 5.05cm
OS Windows 11 Pro
その他 26mm スピーカーを2個搭載

 

CINEBENCH R23、ミニPC・ノートPC 30製品で計測のスコア一覧。キビキビ動作のスコアの指標

▼CPUにRyzen 7 7840HSを搭載するミニPCは、以下の記事にて実機レビューしています。普段使いでのキビキビ動作はもちろんなこと、以下の記事に掲載の「CINEBENCH R23」の事例など、ベンチマークによっては、2つめの記事のRyzen 9 7940HSこスコアを上回ることがあります(ただし、冷却対応の程度などに応じ、同スペックのPC全てに当てはまるものではありません)。

MINISFORUM UM780 XTX 実機レビュー、Ryzen 7 7840HS / DDR5 RAMの快適レスポンス、静音性にも優れた 作業効率アップ確実のミニPC
今回レビューする製品は、CPUにAMD Ryzen 7 7840HS、DDR5-5600 メモリ 32GB、PCIe 4.0を搭載する、ハイエンド構成の「MINISFORUM UM780 XTX」です。基本スペックが高いことにより、快速なレ...
GEEKOM AE7 実機レビュー、Ryzen 9 7940HS / DDR5 RAM 32GBでキビキビ動作、想像以上に静音で作業も捗るミニPC
今回レビューする製品は、CPUにAMD Ryzen 9 7940HSを搭載するミニPC「GEEKOM AE7」です。セットモデルは、メモリ 32GB、PCIe 4.0 SSD 1TBと、CPUに応じたハイエンドな仕様です。 CPUファンの音...

 

▲▼最大の特徴は、26mm スピーカーを2個搭載していること。少なくとも、Mac miniに搭載のシステム音をメインとしたスピーカーよりも高音質。また、私はスピーカーレスモニターとミニPC向けに、ダイソーで330円で購入のミニスピーカーを使用していますが、このような対応も不要です。

330円のダイソー ミニスピーカー、スピーカーレスの27インチモニターで使用してみた。超安価なスピーカーとしては音質は想像以上
スピーカーレスの27インチ 4K 解像度のモニター「PHILIPS 27E1N5900E」を購入したのですが、やはり 都度のスピーカー接続は不便です。また、スピーカーの設置面積をとられたくないこともあり、ダイソーにて330円で販売のミニスピ...

 

▼ポート類は、USB4 x 2、USB-A 3.2 Gen 2 x 4、USB-A 2.0、HDMI、DisplayPort、有線LAN x 2。USB ポートは合計7個と、このクラスの他のPCと比較すると 1,2個多く搭載されています。

▲▼前面と背面にUSB4ポートを装備、私にとっては理想的な配置です。背面に外付けGPU ボッグス、前面からモニターは映像出力することもできます。

ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア
先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。 「MINISF...

 

まとめ、価格情報

BOSGAME M1にをAliExpressで探してみたのですが、M1のみならず、他ブランドの同モデルも見当たりませんでした。また、公式サイトではラインナップはされているものの、詳細情報はなし。ただし、インスタにはアップされています。

AmazonのBOSGAME ストアでは、本製品を含めて、複数製品が販売されており、(OEM製品と思われるものの)デザイン、機能ともに手堅くまとまった製品が多く、私個人としては好感を持っています。

2024年7月4日現在のAmazon 価格は クーポン利用により 88,000円。Amazonと楽天市場 / Yahoo! ショッピングでは かなりの価格差があります。

 

▼比較対象の、Ryzen 7 7840HSを搭載するミニPCのAmazon 情報はこちら。他のブランドよりも低価格であることが多い「GMKtec」の「K6」が86,299円ですので、「BOSGAME M1」はコスパも高いです。

MINISFORUM UM780 XTX

GMKtec K6