ThinkPad T420sのHackintosh、macOSとWin 10のデュアル化完了。7列キーボードの快適環境で X220のMac化よりも安定動作 | Win And I net

ThinkPad T420sのHackintosh、macOSとWin 10のデュアル化完了。7列キーボードの快適環境で X220のMac化よりも安定動作

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

2021年1月に、HackintoshによるmacOSの導入を目的として、中古のLenovo ThinkPad T420s(2011年製)を購入しました。しばらく、Windows 10で使用、そしてHackintoshの試行錯誤の後、macOS High Sierraが安定して使用できる水準となりました。

ThinkPadのHackintoshとしては、私も実践済のX220がメジャーですが、安定度では同スペックとも言える T420sが優位。X220と同じく クラシック ThinkPadの7列キーボードを利用した、macOSのタイピング端末としては最強との認識です。ただし、標準装備のTNパネルの発色がよくないこと、視野角が狭いことは T420 / T420sやこの世代のThinkPadに共通の課題です(FHD、IPSパネル化も構想しています)。

ThinkPad T420sのスペック

約11年前の2011年に発売の「ThinkPad T420s」ですが、そのスペックは以下です。

CPU Core i5 2540M
GPU Intel HD Graphics 3000、NVIDIA NVS 4200Mは無効化
メモリ 8GB DDR3
ストレージ mSATA SSD (macOS) 128GB、2.5インチ SATA SSD (Windows 10) 120GB
ディスプレイ 14.1インチ、TNパネル、解像度 1600 x 900
WiFi 11a/b/g
Bluetooth 搭載
ポート類 USB 3.0、USB 2.0、Powered USB2.0、VGA、DisplayPort、有線LAN
サイズ 343 x 230.1 x 21.2mm
OS Windows 10 Home
その他 DVD±R/±RW/-RAM ドライブ

 

中古で購入時からカスタマイズした箇所に黄色網掛しています。このうち、Hackintohs用のカスタマイズは以下です。

  • GPUは、CPU統合型のIntel HD Graphics 3000とNVIDIA NVS 4200Mを、Windowsでは負荷に応じて自動的に切り替える方式ですが、MacではNVIDIA NVS 4200Mに対応していないため(搭載機種がない)、BIOSにて無効化し、常時 Intel HD Graphics 3000での動作としています。
  • HDDを2.5インチ SSDに換装しましたが、一つのドライブにWindows 10とmacOSの同居はかなり敷居が高くなるため、mSATA SSDを増設し、こちらにmacOSをインストールしています(私が実施の他のHackintoshも同様に、セカンドドライブにmacOSを導入)。

 

▼2.5インチ HDDからSSDへの換装、mSATA SSDの増設の記事はこちら。

2011年製のThinkPad T420sのHDDをSSDに換装、メモリとmSATA SSDを増設。Gemini Lake水準のレスポンスとなり現役続行
ThinkPadのアイソレーションタイプではない7列キーボードに惹かれて、X220に続き T420sを楽天のフリマ「ラクマ」にて購入。2011年製の古い製品となりますが、天板やキーボード面などに目立つ傷もなく、かなり程度のよいもの。今回、第...

 

▼購入した中古は英語キーボードでしたが、英語キーボードには慣れているものの、スペースキーの大きさに違和感があり、日本語キーボードに換装しています。

ThinkPad T420sのキーボードを交換。購入した製品と交換手順。X220と同じく快適タイピングで現役続行
アイソレーションタイプでない ThinkPadのキーボードが好きな私。中古のThinkPad X220に加えて、同じキーボードを搭載する ThinkPad T420sを購入したのですが、装備するのは英語キーボード。他のPCでは英語キーボード...

 

システム情報

続いて、HackintoshしたThinkPad T420sの、Mac側でのシステム情報を記載します。

 

▼MacBook Pro 13インチ early 2011に偽装。Core i5、GPUはIntel HD Graphics 3000。1024MBが謎ですが(これよりも少ないはず)、グラフィックメモリの自動割当の設定によるものか。

 

▼ディスプレイは、14インチ 解像度 1600 x 900と正しく認識。

▲▼FHDではないものの、解像度としては十分とも言えるのですが、視野角が狭く発色がよいないTNパネルであることがマイナスポイント。FHDのIPSパネルへの換装も構想しています。FHD / IPSパネル化には、変換アダプターも必要となりますが、パネル・変換アダプターともにAliExpressで販売しています。以下は私の備忘録として、購入を検討している製品(AliExpress)へのリンクです。適合するか否か、断定できる情報ではないため、参考程度の表示です。

14インチ IPS、FHD パネル、AliExpress

 

T420s / T430s 用変換ケーブル、AliExpress

 

2023年11月2日追記。以下の記事に記載のとおり、ThinkPad X1 Carbonの液晶をT420sに移植し FHD/IPSパネル化しました。なお、FHD/IPS化にあたり、上記の変換アダプターを使用しています。
ThinkPad T420sを今更ながらにFHD・IPS液晶に換装、メモリ 16GBに増設。記事編集機として現役続行
2023年9月現在、私は2011年3月に発売の「ThinkPad T420s」を時折 使用しています。インテル 第2世代のCore i5 2540Mは速くはありませんが、メモリ 16GB / SSD 2基搭載にカスタマイズし、記事の編集程度...

 

▼mSATA SSD 128GBを増設し macOSに割り当て、Window 10は HDDから換装した 2.5インチ SSD 120GBを使用しています。

 

▼トラックパッド、トラックポイントともに、トラックポイント & センターボタンのスクロールも含めて 普通に動作します。

ベンチマークスコア

Apple IDでのサインイン、写真やiCloudは利用できているものの、App Storeのアプリダウンロード・インストールが突破できない状況のため、ベンチマークはWebからダウンロードできる Geekbench 5のみの計測です。

 

▼Geekbench 5のCPUベンチマーク。

Single-Coreは514、Multi-Coreは1207。下はWindows 10側ですが、Mac側はやや低く出ています。体感レスポンスとしては、Gemini Lake N4100と同水準、同CPUのMacBook Air 11 Mid 2011よりも僅かにキビキビとした動作です(T420sではメモリ 8GBとしたことが影響か?)。

 

機能しないこと、不具合

全ての機能を確認していませんが、概ね良好に機能し、約10年前のスペックからも Webサイトのブラウジングやタイピングマシンが前提となりますが、この範囲では常用できます。

現在、気がついた範囲での機能しないこと、不具合らしきものは以下です。Hackintoshでは調整に手間取る 明るさ調整やサウンド、スリープからの復帰、トラックパッドにトラックポイント、有線LANは普通に動作します。

  1. 今回の私のHackintoshに固有の課題ですが、App Storeからアプリをインストールできず。Apple IDはApp Storeで認識しており、iCloudや写真などのその他のIDを利用するものに問題はないのですが、App Storeのみ正しく機能せず。現在調整中。
  2. T420sに限らず、国内外のユーザーによる、あるいは私が行った他の端末でも同様ですが、WiFiとBluetoothはUSB ドングルにて対応する必要があります。
  3. VGAとDisplayPortの外部出力、DVDドライブの動作は未確認。
  4. ごく稀に、アプリ起動時に全体がフリーズすることあり。トリガーとなるアプリは特定できず。

 

上記1のApp Storeが機能しない課題は、以下に記載の対応で解消となりました。
HackintoshしたPCで App Storeが機能しない課題を解消する、より確実な方法
上の写真は ThinkPad X280に、Hackintoshにより macOSを導入したものです。Hackintoshの課題として、WiFi、Bluetoothの接続など複数ありますが、複数のPCをHackintoshしたなかで、これまで...

 

▼HackintoshしたMacでも安定動作の、WiFIとBluetoothのUSB ドングルは以下です。

HackintoshしたPCでも使えた「TP-Link」の無線LAN子機、Macでのインストール手順
Hackintoshの夢を見たPCの多くの場合、デフォルトのWiFiは機能しないなかで、Amazonなどで販売の「TP-Link」の無線LAN 子機は機能するとの情報が多数あります。そこで、Hackintoshをお試し中のCore i3-5...
HackintoshしたMacでも即動作する Bluetooth USBアダプターの簡易レビュー
Hackintoshで導入したmacOSを利用する際に困ってしまうのが、Bluetoothが機能しないこと。例外的に機能する製品もあるかもしれませんが、国内外サイトを参照すると概ね機能しないようです。Bluetooth キーボードをメイン利...

ThinkPad T420sでHackintoshのメリット

ThinkPadの同世代のHackintohsでは、私も既にHackintosh済のX220がメジャーですが、双方ともにOld ThinkPadの、アイソレーションタイプでない7列キーボードを使用できることが最大のメリット。macOSにおいても、本物のMacBookと同等以上の快適タイピングが可能です。

ThinkPad X220でHackintosh、macOS High Sierraをインストール。ほぼ完璧動作も起動が不安定に(対応済)
HackintoshによるmacOSとWindows 10のデュアルブートを夢見て、中古で購入したLenovo ThinkPad X220。国内外でのHackintoshの事例も多く、ツールも用意されているX220ですが、私の場合は成功した...

 

さらに、上の記事で記載のX220のHackintoshとの比較では、以下のメリットがあります。

  • 当然ながらも、X220の12.5インチに対して T420sは14インチのため、視認性のよいディスプレイ(解像度や、TNパネル or IPSパネルの別を除きます)。
  • 私のX220のMac側は起動が不安定(Cloverが起動しない = Macを選択できない)なことがある一方、T420sは安定して起動します。
  • T420s、X220ともに、GPUは同じIntel HD Graphics 3000を搭載していますが、GPUとのマッチングがよくないのか(MacBook Air 11 Mid 2011など、同GPUを搭載していますが)、あるいはGPUの力不足か、両端末ともに、Google Chrome使用時など、横のラインが入り画像が乱れることがあります。
  • 上記の頻度・横のラインの本数ともに、T420sが圧倒的に少なく、ラインが表示された場合にも常用できます。一方のX220は、常用に難ありなほどの画像のライン・乱れが生じます。

 

T420sのHackintosh、macOS 導入プロセスのポイント

導入プロセスについては、BIOSの設定やUSBメモリ(2.0 or 3.0)、使用するツールやコピペ元のkextなど、かなりシビア(微妙な相違でも、どこでエラーとなるか想像できない)となります。このため、参考事例としてポイントのみ記載します。

 

▼一般的な手法としては、以下の海外サイト(英語)に詳細に記載されていますので、こちらに従うとよいでしょう。私は部分的にこちらを参照しました。

なお、以下の記事はT420sではなくT420ですが、T420sのGPUがIntel HD Graphics 3000の場合、手順は同じです。NVIDIA NVS 4200Mの場合には、BIOSにて無効化・Intel HD Graphics 3000を常用する設定に必要があります。

Lenovo ThinkPad T420 with UEFI Only

 

私の導入プロセスは以下です。2においては、2で作成のUSB インストールディスクから作成したHackintosh機のドライブのクローン化したものを使用しているのですが、オリジナルのプロセスを記載しています。

  1. 私のT420sは、GPUがNVIDIA NVS 4200Mのため、BIOSにて無効化・Intel HD Graphics 3000を常用に設定。
  2. UniBeastにより、High SierraのUSB インストールディスクを作成。作成方法は「 Hackintosh、「UniBeast」によるmacOS インストールディスクの作成手順」を参照。
  3. 上記のUSB インストールディスクに、後ほど必要になる「Clover Configurator」や「USB 無線ドングルのドライバー(インストールファイル)」、必要になるかもしれない「Clover」「MultiBeast」などのインストールファイルをコピペ。
  4. USB インストールディスクから起動。ここで何度も試行錯誤を繰り返しています。インストール画面が表示されると、半分成功したようなものです。
  5. インストールが完了するも、画面の解像度などのGPUの認識が上手くできず(他の端末においても、ほとんどの場合、GPU関連で頓挫することが多いです)。
  6. 自力での突破を諦め、以下で配布されているEFIを丸ごとコピペで完了。EFIのコピペについては「 Hackintosh 成功の確率がアップする、同一機種・成功事例のEFIフォルダをコピペする手順」を参照。

 

▼私は異なる2つのサイトからEFIをダウンロードし、1つは起動はするものの GPUが上手く設定できなかったのですが、成功したのはこちらからダウンロードしたものと記憶。正確に思い出した後、異なる場合には追記・変更します。

Lenovo-T420-Clover

 

まとめ

上の画像はHigh SierraにCatalinaの壁紙を導入したものですが、ThinkPad T420sにmacOS High Sierraを導入し、Windows 10のように頻繁な更新に作業を中断されることのない、タイピング端末となりました。文中にも記載しましたが、同キーボード、スペックもほぼ同じとなる ThinkPad X220よりも安定して動作しています。

T420sの残る課題は、発色がわるく、視野角の狭いTNパネルのIPSパネル化。ディスプレイと変換ケーブルの合計で約1万円の出費となり、本体と同価格となるために悩み中です。

ThinkPadのHackintoshとしては文中のX220の他に、E130 / X280も完了していますが、手元のThinkPadで次のターゲットは15.6インチのT550とL550。T550はあと一歩(GPUの設定)で完了です。

ThinkPad E130、HackintoshでHigh Sierraをインストール。X220のMac化よりも快適に動作
2020年10月に4,980円で購入した 中古のThinkPad E130。「ジャンク」とあったものの、多くの事例があるように、ヒンジが壊れている以外は良い状態のもの。HackintoshによるMac化を目的として購入したのですが、しばらく...
ThinkPad X280でHackintosh、macOS Catalinaを導入。課題はあるも概ね安定動作
ThinkPad X280のM.2 2242サイズのポートに片面実装のNVMe SSDを増設しましたが、そのSSDはCHUWI MiniBook用に、HackintoshによるmacOS Catalinaを導入していたものです。これがそのま...

コメント