Teclast T50HD、11インチ Android 14タブレット。19,900円のお手頃価格で販売に | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Teclast T50HD、11インチ Android 14タブレット。19,900円のお手頃価格で販売に

 

国内外通販サイトにて、多くのAndroid タブレットなどを展開する「Teclast」より、11インチのAndroid 14 タブレット「T50HD」が、Amazonにて発売となりました。

CPUにUNISOC T606を搭載し、メモリは物理メモリ 6GB + 拡張 8GBとなり、Amazonでの販売価格は クーポン利用により 19,900円。同社のTシリーズのタブレットは上位の製品となりますが、本製品は スペックを絞り、2万円未満の購入しやすい価格での販売が特徴となります。

Teclast T50HDのスペック

Android タブレットにおいて 顔認証に対応する製品は多くないのですが、2万円未満の価格にて 顔認証に対応していることも特徴の一つです。

また、価格的にはエントリーの製品でありつつも、金属製ボディ、LTEに対応、GPSを搭載、一般的なストレージ eMMCより高速なUFS ストレージを搭載、動画配信サイトの動画を高画質再生可能なWidevine L1に対応(NetflixはL3)と、筐体と機能は上位機と同様に充実しています。

 

CPUUNISOC T606、8コア
GPUMali-G57
メモリ6GB + 最大 8GBの拡張機能
ストレージ256GB UFS
ディスプレイ11インチ、解像度 1920 x 1200、IPSパネル
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth / GPSBluetooth 5.0、GPS搭載
LTEFDD: B1, B3, B5, B7, B8, B20、TDD: B34, B38, B39, B40, B41
カメラリア 13百万画素、フロント 8百万画素
バッテリー容量8000mAh
サイズ(本体)厚み 7.8mm、530g
OSAndroid 14
その他顔認証に対応、2スピーカー、金属製ボディ、Widevine L1に対応(NetflixはL3)

 

Teclast T50 Proなどの上位の製品は、CPUにAnTuTu ベンチマーク v10のスコアが約40万となるHelio G99を搭載しています。

一方、本製品はスコア 約24万のUNISOC T606の搭載となりますが、Web サイトのブラウジングや動画視聴などの普段使いでの体感レスポンスは、スコア差ほどに大きくなく、十分に実用的です。

Helio G99とUNISOC T606を搭載するタブレットの私の使用感は、前者を使用後に後者を続けて使用すると「ややキビキビ感に欠けるかも」と感じる程度です。

 

▼リアカメラ周辺のデザインは、従来のTeclastの製品から大きく変更となっています。また、リアカメラ 13百万画素、フロントカメラ 8百万画素と、この価格帯の製品としては高画素です。

 

▼背面はTeclastの他製品と同様に、金属製のシックなスペースグレイです。2スピーカーは、横持ちでの左右 両サイドに搭載されており、最下段の画像を参照すると、イヤフォンジャックは角に配置されています。

販売価格

最近の中国ブランドの製品においては、海外通販に先行して 国内のAmazonで販売される事例が多いのですが、私が確認する範囲では メジャーな海外通販サイト AliExpress に掲載なく(3月21日現在)、Amazonでの先行販売と思われます。

3月22日現在のAmazon 価格は、クーポンの利用により 19,900円。お手頃価格で、LTEと顔認証に対応、GPS搭載とバランスのよい Android 14タブレットをお探しの場合には、候補となる製品です。