JamesDonkey RS2 3.0 Rosy、メカニカルキーボードの実機レビュー。快適タイピングに音量調節ノブ・液晶表示も極めて便利 | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

JamesDonkey RS2 3.0 Rosy、メカニカルキーボードの実機レビュー。快適タイピングに音量調節ノブ・液晶表示も極めて便利

今回レビューする製品はJamesDonkeyのメカニカルキーボード「RS2 3.0 Rosy」です。この10日間ほど、MacとWindowsの双方で使用しましたが、キー配置・ストロークともに違和感もなく、当初から快適にタイピングできています。

また、右上に音量調節ノブが搭載され、Mac / Windowsともに同操作で調整でき便利です。さらに、Mac / Windows、Bluetooth / ワイヤレス / 有線の接続、バッテリー残量表示を示す液晶もあり、快適なタイピング感も含めて、メインキーボードとして大いに活用できます。

 

レビューする製品はこちら 今回のレビューは、多くのメカニカルキーボードを取り揃える海外通販サイト「Mech Keys」より、レビュー用にサンプル提供いただいた製品に基づいています。

Mech Keys、JamesDonkey RS2 3.0 Rosy

 

JamesDonkey RS2 3.0 Rosyの特徴

はじめに、海外通販サイト「Mech Keys」の製品情報ページから抜粋の「JamesDonkey RS2 3. 0 Rosy」の特徴について記載します。なお、上の画像・以降の実機写真のクリーム色・ローズ色のRosyのほか、ホワイトとブルーのモデルも販売されています。

 

以下の特徴については、製品情報ページの英文を機械翻訳したうえで、補足を加えています。特に大きな特徴となる事項については赤文字で表示しました。

  1. 明るく、鮮やかなディスプレイを搭載。Windows / macOSの接続先、Blutooth / USB ワイヤレス / 有線の接続、バッテリー残量などを表示し、特に接続先・接続方法の表示は重宝しています(実際の利用より)。
  2. ガスケットプロ構造を採用。キーボード内の基板をネジで固定せず、ガスケット(衝撃材)により サンドイッチのように挟み込む固定方法です。これによ、キーストローク時にかかる圧力を効果的に吸収し、快適な弾性ユーザーに提供します。
  3. デュアルカラーFR4グラスファイバーポジショニングプレートの採用。ガスケットプロ構造と組み合わせることで、低周波共振を低減します。
  4. 三層吸音設計。3層の吸音フォームがPCB、ポジショニングプレート、メカニカルスイッチの隙間を埋め、スイッチがポジショニングプレートに当たる空洞音を効果的に低減し、キーボードによるソフトな音響表現を実現しています。
  5. 外出先でも簡単に音量調節ができる金属製ノブを採用
  6. 最大17種類のエフェクト効果のある、ダイナミックRGBバックライトを搭載。
  7. 高品質なメカニカルスイッチとホットスワップ対応ソケット。
  8. 4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大4週間の使用が可能。
  9. 接続方法は、USB Type-C 有線、Bluetooth 5.1、2.4GHz USB ドングルによる3パターン
  10. Bluetooth接続は、3台のマルチペアリングに対応。

 

上記の特徴、実際の使用感では、タイピング音の軽減にかなり気を使っているようです。使用していても、メカニカルキーボード的なタイピング音ではなく、従来のHPや富士通などの大手ブランドPCに付属のPS/2 キーボード的なタイピング感と、それ以上の静けさです。

 

▼上記5の金属製の音量調節ノブ(押し込みでミュートになります)は、macOS / Windowsともに同じ操作で調節可能なために便利です。また、上記1の状態表示の液晶も、接続方式とOSなどを一目で確認できるために重宝します。私はMac miniとWindows PCの双方で使用していますが、液晶表示のない他製品では、MacとWindowsのどちらで設定しているか混乱し、リセットすることもあります。

▲なお、時刻表示もありますが、デフォルトは中国語(JamesDonkeyは、2014年に設立の中国を拠点とするブランド)となっており、以下の公式サイトに時刻変更のソフトがあります。ただし、私の環境では、圧縮ファイルの解凍後にエラーとなり、時刻変更できていません。

JameDonkey 公式サイト、ソフトダウンロード

 

▼メカニカルキーボードは初心者の私ですので、的外れなことを記載している可能性も大ですが、製品情報では「Gateron G Pro 2.0 Silver」とあるものの、シルバー軸ではなく黄軸です。Gateron G Pro 基軸で検索してみると、赤軸・シルバー軸のキー荷重 45±15gfに対して黄軸は50±15gf、リニアのサウンドレベルは静かとなっています(源泉はこちらの販売サイト)。この場合、後述のしっかりめのタイピング感と静音も納得です。

 

外観

続いて外観について記載します。PCを30年近く使用している私としては、レトロ感のなかに、液晶・音量調節ノブもあり、好感を持っています。

 

▼白をベースとした外箱です。販売店の「 Mech Keys」のシールが貼られています。

 

▼保護用のプラスチックのカバーに覆われている本体。

 

▼本体の裏の付属品が収納されています。

 

▼付属品は、2.4GHz ワイヤレスのUSBドングル、キー引き抜き用の工具、分解時に使用する六角レンチ、有線接続用のUSB Type-C to A ケーブル、クイックガイドに説明書(双方ともに、中国語・英語での表記)。

 

▼六角レンチとキー引き抜き用の工具を拡大。

 

▼本体の全体像。右上に音量調節用のノブ、その左の黒い部分が状態表示の液晶です。横幅 約40cmと大柄でもあり、特殊なキー配置はなく、Enter キー右の一列も、程度な隙間があります。

 

▼前面の厚みは、実測で約19mm

 

▼中央に有線接続用のUSB Type-C ポート、その右にBluetooth / 2.4GHz ワイヤレスのオンオフボタンがあります。

 

▼表面・裏面ともに樹脂製ですが、中央に無線ドングルを収納できます。なお、写真の掲載が漏れていましたが、スタンド・角度は2段階での調節可能です。

 

▼無線ドングルとUSB Type-C ポート、Bluetooth / 2.4GHz ワイヤレスのオンオフボタンを拡大。USB Type-C周りのスペースは余裕があり、ケーブルを脱着しやすいです。

 

▼音量調節ノブ(ダイヤル)は、金属製の輝きがあります。音量調節はダイヤルを回して行います。また、中央の白い部分を強めに押すと、ミュート・ミュート解除となります。

 

▼一定の使用後のため、キー周りには猫の毛などが付着したままでしたが、キーキャップを外してみました。

▲キーキャップは写真の白よりもクリーム色に近いです。耐油性に優れたPBT キャップのため、油脂などの付着には優れていますが、クリーム色のため、使用していると汚れは多少 目につきます。

 

▼状態表示の液晶の視認性のよさは抜群です。写真では、Macへのケーブル接続であることを示しています。なお、前述のとおり、時刻は中国時間のままであることが残念です(ソフトはダウンロードできるが、解凍時にエラーとなる)

 

PCとの接続

2.4GHzのワイヤレス接続は、マウスや一般的なキーボードと比較すると、僅かに(数秒)待機時間が長いようにも感じますが、接続は全般的に良好です(特に、Bluetoothnoペアリング・接続が速いです)。事例として、一部の接続状況を記載します。

 

▼Windows 11 PCとの2.4Ghz ワイヤレス接続。「RS2」として認識されています。

 

▼M2 Pro Mac miniに Bluetooth 接続した状況。有線、ワイヤレス接続よりも、Bluetoothの接続が速いイメージです。

 

タイピング感

先日、以下の記事にて実機レビューの「Lofree FLOW」においては、タイピングに慣れるまでにそれなりの時間を要しましたが、本製品は従来のPS/2 キーボードと同様のキーの形状・キーストロークでもあり、当初から普通にタイピングできています。また、メカニカルキーボード特有のタイピング音ではなく、万人受けしそうなキーボードです。

Lofree FLOW 実機レビュー、アルミ製ユニボディの秀逸なデザイン、慣れると至極快適なメカニカルキーボード
今回レビューする製品は、ロープロファイルのメカニカルキーボード「Lofree FLOW」です。10月半ばまで国内にてクラウドファンディングを行なっていましたが、私は海外の通販サイト「MechKeys」より取り寄せました。 2023年1...

 

以下は、デフォルトのGateron G Pro 2.0 黄軸との前提での記載です。

  • タイピング音は低い音の静音です。ノートPCと同様、あるいはノートPCよりも低い音質のため、オフィスでの使用においても気を遣う必要はありません。
  • タイピング時のキーの戻り感は適切ですが、タイプ時には多少の力が必要な感覚。それほど軽快さはなく、しっかりとした押し心地です。このため、大量タイピングでは、やや疲れを感じる方もいるように思います。
  • 上記と関連し、私の場合、軽快すぎると調子にのってタイプミスをすることも多いのですが、本製品の場合にはタイプミスは多くありません。
  • また、Enter キーの横一列にPgDnなどのキーがある場合、 Enter キーの押下時に誤タイピングを招くことがあるのですが、本製品は程よい距離を確保しており、誤タイピングとなることはほぼありません。
  • 英語キーボードとなりますが、Windows PCにおいては、以下の記事で掲載のソフトの使用により、英数・かなの切替、日本語キーボードと英語キーボードの切替ともに、効率的に行うことができます。

 

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境

Windows 11、日本語キーボードのレイアウトを英語キーボードに再起動なく切り替える方法。2つのフリーソフトの連動で極めて便利

 

その他の使用感

その他の使用感について、ランダムに記載します。

  • 特徴の段落でも記載しましたが、音量調節ノブは便利です。Mac、Windows PCともに左右に回しての音量調節、中央を押し込んでのミュートなど、適切に制御できます。会社では、13.3インチの富士通ノートに外付けのキーボードを使用していますが、音量調節やミュートを多用するため、会社でも本製品を使用したくなりました。
  • 全てを試していませんが、Mac、Windows PCともに私が使用するファンクション・ショートカットキーは確実に動作します。
  • OS、接続、バッテリー残量などの状態を示す液晶も便利です。前述のとおり、MacとWindows PCの双方で切り替えつつ使用していると、現在のキーボードレイアウトがどちらかわからなくなることがあり、また、製品によっては切り替えできていないことがあるのですが、本製品では「Win」「Mac」の表示があるため、すこぶる便利です。
  • ただし、液晶表示の時刻は中国語となっており、ソフトで日本時間に切替できるようですが、ダウンロードしたファイルがエラーとなり、時刻を修正できていません。

 

まとめ

文中でも記載しましたが、タイピング感・キーストロークは、従来の大手ブランドのPCに付属していたPS/2キーボードに近く、古くからデスクトップPCを使用の方には、当初から違和感なくタイピングできるかと思います。また、静音ですのでオフィスでの使用での気遣いも不要で、私としては会社に持ち込みたいキーボードです。さらに、音量調節ノブ(ダイヤル)、液晶の状態表示も便利な機能です。

販売元

2023年11月19日現在、Mech Keys AliExpress ストアでは 95.72ドルで販売されています。情報を見落としていましたが、11.11セールでは 83ドルで販売されていました。

Mech Keys 公式ストア、JamesDonkey RS2 3.0 Rosy

Mech Keys AliExpress ストア、JamesDonkey RS2 3.0 Rosy