Lenovo IdeaCentre Mini Gen 8、Core i5-13500H搭載のMac miniライクなミニPC。最小構成 64,790円で販売中 | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Lenovo IdeaCentre Mini Gen 8、Core i5-13500H搭載のMac miniライクなミニPC。最小構成 64,790円で販売中

CPUにインテル 第13世代 Core i5-13500H、あるいは Core i7-13700Hを搭載するPC「IdeaCentre Mini Gen 8」が販売されています。Thunderbolt 4を搭載し、サイズ、デザインともにMac miniに近いことも特徴です。

販売元

IdeaCentre Mini Gen 8、Lenovo 公式ストア

2023年9月17日追記。文中では最小構成 69,850円としていますが、9月17日現在は64,790円に値下がりしています。

 

IdeaCentre Mini Gen 8のスペック

以下は最小構成となるCore i5-13500H、メモリ 8GBモデルスペックです。CPUはCore i7-13700Hモデルも選択できますが、メモリは全モデルとも DDR4 3200MHzとなり、DDR5のラインナップはありません。

CPUCore i5-13500H、12コア(Pコア 4、Eコア 8) 16スレッド、最大 4.7GHz
GPUIntel Iris Xe Graphics
メモリDDR4 3200MHz、8GB、空きスロットあり、最大 32GB
ストレージM.2 PCIe SSD 256GB
WiFiWiFi 6対応
Bluetooth5.2
ポート類Thunderbolt 4、USB-A 3.2 Gen2、USB Type-C 3.2 Gen 2、USB 2.0、DisplayPort、HDMI、有線LAN
サイズ195 x 191 x 39、約1.8kg
OSWindows 11 Home
その他

 

▼Core i5-13500HのGeekbench 5のスコアを、こちらの海外サイトで確認したところ、「シングルコア1714、マルチコア10973」。以下の記事にて、私がレビューしたPCのGeekbench 5のスコアを一覧化していますが、シングルコアのスコアはM1 Macと同水準、マルチコアはM1 Macよりも高いスコアです。

PC 実機で計測、Geekbench CPU ベンチマークスコアの一覧、サクサクと動作するスコアの指標

 

▼底板を開けた様子です。メモリとSSDの配置は確認できませんが、メンテナンスが簡単そうな筐体です。

 

外観

ホワイトに近いボディ色ですが、公式サイトでは「クラウドグレーのカラー、筐体上部を3Dテクスチャーのファブリックで覆われたデザイン」とあります。なお、公式サイトには縦置きスタンドに設置した画像もありますが、付属品にスタンドと明記されていません。

 

▼前面は左から、電源ボタン、USB3.2 Gen2、USB3.2 Gen2 Type-C、コンボジャック。Mac miniに似たデザインですが、前面にポート類のない Mac miniと異なり、しっかりと装備しています。

▲背面のポート類は左から、有線LAN、USB3.2 Gen2、USB 2.0、Thunderbolt 4、HDMI、USB3.2 Gen2、DisplayPort。映像出力は、Thunderbolt 4、HDMI、DIsplayPortの3系統です。

 

▲▼こちらは以下の記事で掲載の「M2 Pro Mac mini」の背面です。天板の構成や角の丸みのRなどの詳細は異なるものの、全体的な雰囲気が似ています。なお、サイズは Mac miniの 197 x 197 x 35.8mmに対してIdeaCentre Mini Gen 8は195 x 191 x 39mm。正面から見た場合の横幅はほぼ同じです。

M2 Mac mini 実機レビュー、外観編。11年前のインテル Mac miniと比較も。10年以上変わらないデザインは秀逸

 

まとめ

Mac miniに近いデザインとサイズで、Core i5-13500H、あるいは Core i7-13700Hを搭載するPC「IdeaCentre Mini Gen 8」。M1 Macと同水準でキビキビと動作し、お手持ちのディスプレイ / キーボード / マウスを活かし(これらは付属しておりません)在宅勤務においても大いに活用することができます。

なお、Core i5-13500H / メモリ 8GB / SSD 256GBの最小構成の価格は、税込・送料無料の69,850円。Core i5-13500Hを搭載するミニPCとしては、こちらの記事で記載の「MINISFORUM NPB5」があります。NPB5は、メモリが DDR5、SSDがPCIe 4.0となり、コスパとしてはより優れています(メモリ 16GB / SSD 512GBの場合、NPB5は IdeaCentre Mini Gen 8よりも約9千円安い)。

ただし、セットモデルの最小構成(NPB5は ベアボーンがあるものの、メモリ 8GB版はなし)では「IdeaCentre Mini Gen 8」が安く、価格とデザインで選ぶなら候補となります。

販売元

IdeaCentre Mini Gen 8、Lenovo 公式ストア

2023年9月17日追記。文中では最小構成 69,850円としていますが、9月17日現在は64,790円に値下がりしています。

 

▼こちらは競合する「MINISFORUM NPB5」。以下の記事で実機レビューしていますが、ファン音量も気にならないほどの静音仕様です。

MINISFORUM NPB5 実機レビュー、Core i5-13500H / DDR5 メモリ搭載により快適動作。冷却対応にも優れた静音ミニPC
今回レビューの製品は、CPUにインテル 第13世代 Core i5-13500Hを搭載するミニPC「MINISFORUM NPB5」です。DDR5 メモリに PCIe 4.0のSSD、USB4ポートを2個装備と、基本スペックはハイエンド...

 

2023年6月24日追記。以下の記事で掲載の「IdeaPad Slim 5i Gen 8 OLED」も、Core i5-13500H、LPDDR5 メモリ 16GB、14インチ 有機ELパネルを搭載して、2023年6月24日時点では 税込・送料無料の94,820円での販売と、高コスパの製品です。
Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 OLED、Core i5-13500H / 16GB LPDDR5 / 有機EL 14型ノートが 89,870円で販売中
私は現在、記事編集用に10万円未満の14インチ アスペクト比 16 : 10、インテル 第13世代 Coreを搭載のノートパソコンを物色しています。このなか、コスパ抜群の製品が、「Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8...

販売元

IdeaPad Slim 5i Gen 8 全ラインナップ

Lenovo 公式ストア、ThinkPad E14 Gen 5