Beelink SER6 Max、Ryzen 9 6900HX搭載 ミニPCのスペック。USB4 / DDR5 RAMなど、バランスのよい構成 | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Beelink SER6 Max、Ryzen 9 6900HX搭載 ミニPCのスペック。USB4 / DDR5 RAMなど、バランスのよい構成

ミニPCの老舗的なブランドである「Beelink」より、CPUにAMD Ryzen 9 6900HXを搭載する「SER6 Max」が販売されています。メモリはDDR5、SSDはPCIe 4.0、USB4を2ポート搭載、金属製の筐体とバランスのよい構成です。

近々に実機レビュー記事を投稿予定であり、私自身のレビュー前のスペックの確認用として記事にしました。

引用元・販売元

Beelink SER6 Max、AliExpress

 

Beelink SER6 Maxのスペック

金属製の筐体に CPUファンとシステムファンブラケットでのファンと、2つのファンを搭載しています。Zen3+ アーキテクチャのAMD Ryzen 9 6900HX、DDR5-4800 メモリ、2280サイズのM.2 PCIe 4.0 SSDを2基搭載可能、USB4 ポートを2個搭載と、バランスのよい構成です。

なお、上の画像右側に「M.2 NVMe PCIe 4.0, Replaceable with 2.5 inch 7mm SATA slot」とあります。 以下の画像のように(別売の)アタッチメントを取り替えて、M.2 PCIe 4.0 SSDと2.5インチ SATA SSDのどちらかを増設可能な仕様です。

 

▼メモリ・SSDの容量は複数の組み合わせがありますが、AliExpressのBeelink Official Storeで販売のセットモデルのスペックは以下です。Windows 11にHome or Proの記載はありませんが、同社のミニPCの傾向としては後者のProです。

CPUAMD Ryzen 9 6900HX、Zen3+、8コア 16スレッド、最大 4.90GHz
GPUAMD Radeon 680M
メモリ32GB(16GB x 2) DDR5-4800、2スロット、最大 64GB
ストレージM.2 PCIe 4.0 SSD 512GB、M.2 PCIe 4.0 SSD あるいは 2.5インチ SSDを増設可能
WiFiWiFi6 対応
Bluetooth5.2
ポート類USB4 x 2、USB-C Gen 3.2、USB-A Gen 3.2、USB 2.0 x 2、HDMI、DisplayPort、有線LAN
サイズ126 x 113 x 49mm
OSWindows 11
その他金属製ボディ、ファン 2基搭載

▲▼AMD Ryzen 9 6900HXを搭載する本製品のCINEBENCH R23のスコアは「シングルコア 1582、マルチコア 13210」とあります。既に おそらくは同じ筐体を使用し Ryzen 7 7840HSを搭載する「SER7、Amazonはこちら」が販売されています。

Ryzen 7 7840HSを搭載するミニPCは以下の記事にてレビューしていますが、こちらのCINEBENCH R23のスコアは「シングルコア 1720、マルチコア 16589」ですので、Ryzen 9 6900HXは順当なスコアです。

なお、これまで実機レビューしたPCのCINEBENCH R23のスコアは こちらの記事にて一覧化しています。AMD Ryzen 9 6900HXを搭載する本製品は、シングルコアはM2 Pro Mac miniに僅かに及ばず、マルチコアはM2 Pro Mac miniより高いスコアです。

MINISFORUM UM780 XTX 実機レビュー、Ryzen 7 7840HS / DDR5 RAMの快適レスポンス、静音性にも優れた 作業効率アップ確実のミニPC
今回レビューする製品は、CPUにAMD Ryzen 7 7840HS、DDR5-5600 メモリ 32GB、PCIe 4.0を搭載する、ハイエンド構成の「MINISFORUM UM780 XTX」です。基本スペックが高いことにより、快速...

 

▼CPUファンのほか、DDR5 メモリとPCIe 4.0 SSDの冷却用・内部の空流用にシステムブラケットでのファンを備えています。AliExpressの販売情報の2/5程度は冷却対応が占めていますが、BeelinkのミニPCハはMINISFORUMの製品と同様に、冷却対応が十分に考慮されており安心です。

外観

同社の他のハイエンドな一部の製品にも搭載されていますが、本製品の特徴の一つは、上の画像のとおり、電源ポートはマグネット式の取り付けであること。老眼の私は 電源ケーブルを接続する際、手探りで行うことが多いのですが、これは嬉しい仕様です。

 

ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア
先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。「MIN...

▲▼映像出力は USB4 x 2個、HDMI、DisplayPortの4系統。USB4は2個ともに 電源ポート側の隣接するところに配置されていますが、うち1個は前面側がよかったかも。なお、USB4経由で上のリンク先記事のとおり、外付けGPU ボックス・グラボを接続できます。

 

▲▼4色展開の筐体は、サイズ 126 x 113 x 49mmと このクラスのスペックとしてはコンパクトな部類です。コンパクトであるものの、前述のとおり 冷却対応は十分に考慮されており、かつ 製品情報では静音性もアピールしており問題ないでしょう。

なお、筐体は底板も含めて金属製です、同社のミニPCは N100搭載の製品などのエントリークラスは樹脂製、ハイエンドの製品は金属製の筐体と棲み分けされています。

価格情報

2024年2月25日現在では AliExpressでの販売ですが、クーポン利用により USD 560台での販売です。日本円換算では約88,000円となりますが、最近は Beelink 公式ストア経由での販売においても、AliExpressよりもAmazonが安い傾向があり、今後のAmazonでの販売に期待です。

2024年2月25日現在では、AliExpressでの本製品の約88,000円 vs Ryzen 7 7840HSを搭載の「SER7」のAmazon 価格 90,800円と、後者のコスパ度が高いです。

Beelink SER6 Max、AliExpress

Beelink SER7、Amazon