MINISFORUM EM780、Ryzen 7 7840U搭載 超小型ミニPCのスペックと特徴 | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

MINISFORUM EM780、Ryzen 7 7840U搭載 超小型ミニPCのスペックと特徴

MINISFORUMより CPUにZen4+ アーキテクチャのRyzen 7 7840Uを搭載し、8cm角サイズの超小型ミニPC「EM780」が販売されています。

以下の記事にて、Ryzen 7 6800Uを搭載する「EM680」を実機レビューしていますが、同じ筐体を採用するアップグレード版の位置づけとなります。なお、EM780には、有線LAN / USB-Cポートを装備するドッキングステーションが付属しています。

関連記事

MINISFORUM EM680 実機レビュー、超小型ながらも AMD Ryzen 7 6800Uによりキビキビと動作、ファン音量も大きくなく 冷却も万全

 

MINISFORUM EM780のスペック

上の写真は、同じ筐体を採用する従来モデルの「EM680」を iPhone 12 Pro Maxと並べて撮影したものですが、80mm角の超小型サイズに、Ryzen 7 7840U / DDR5 メモリ / PCIe 4.0 SSDのハイスペックであることが大きな特徴です。

 

▼「EM680」と比較し、優位な事項を黄色網掛け、劣位な事項をピンク網掛けしています。

CPUAMD Ryzen 7 7840U、8コア 16スレッド、最大 5.1GHz
GPUAMD Radeon 780M
メモリLPDDR5 16GB or 32GB 6400MHz オンボード
ストレージM.2 2230 PCIe 4.0 SSD 512GB / 1TB
WiFiWiFi 6E
Bluetooth5.3
ポート類USB4 x 2、USB-A 3.2 x 3、HDMI、TFカードスロット
サイズ80 x 80 x 43mm
OSWindows 11 Home
その他65W GaN Type-C 電源アダプター付属、ドッキングステーション付属

 

MINISFORUM UM780 XTX 実機レビュー、Ryzen 7 7840HS / DDR5 RAMの快適レスポンス、静音性にも優れた 作業効率アップ確実のミニPC
今回レビューする製品は、CPUにAMD Ryzen 7 7840HS、DDR5-5600 メモリ 32GB、PCIe 4.0を搭載する、ハイエンド構成の「MINISFORUM UM780 XTX」です。基本スペックが高いことにより、快速...

▲▼下の画像はGeekbench 5のベンチスコアですが、上はリンク先記事で実機レビューのAMD Ryzen 7 7840HSを搭載する「MINISFORUM UM780 XTX」、下はRyzen 7 6800Uを搭載する従来モデルの「MINISFORUM EM680」です。

海外サイトでの情報では Ryzen 7 7840Uのスコアは「シングルコア 1807、マルチコア 13450」。ざっくり言えば、上位のRyzen 7 7840HSと大差なく、普段使いの体感レスポンスは同水準。データ量・関数の多い ExcelやAccessにおいても キビキビと動作します。

 

スペックのその他の補足は以下です。

  • メモリはオンボードとなりますが、高速なLPDDR5‐6400MHzを搭載しています。
  • SSDは、換装する際に入手が困難な 2230サイズのM.2 PCIe 4.0。ただし、EM680の実測では 4921MB/s、Write 2687MB/sとなり、換装する必要もないでしょう。
  • USB4を搭載していますので、モニターがPDに対応している場合(一定以上の出力が必要)、ケーブル1本で 本体への給電・モニターへの映像出力が可能です。
  • OSは Windows 11 Homeではなく Windows 11 Pro。MINISFORUMのミニPCは、以前はWindows 11 Proを搭載していたのですが、最近は上位機においても Homeを搭載する傾向にあります。

 

▼以下の記事で記載していますが、USB4経由で外付けGPU ボックス・外付けグラボを接続することができます。

ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア
先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。「MIN...

 

▼EM680にUSB ケーブル、USB ドングルを挿入した状態。N100 / N5100などの格安な超小型ミニPCにケーブルを挿入した場合、ボディが浮く傾向にあるのですが、EM680では浮きも抑制されています。

ボディは指紋・油脂がやや目立ちやすく、約10万円のPCとしては質感がそれほど高くはありません。

 

▼MINISFORUMのミニPCは、冷却対応と静音性が十分に考慮されています。本製品においては、液体金属・2つのファンによる対応となり、負荷をかけた際のCPU温度は許容範囲。ただし、EM680の傾向から、小さなファンで風量を確保しているために、ファンは高回転でファン音量も多少大きくなります。

 

▼EM780には、1000M LAN ポート、USB-C ポートを装備するドッキングステーションが付属しています(EM680には付属せず)。

 

価格情報

メモリ 32GB / SSD 1TBのセットモデルの2024年3月2日時点の価格は、Amazonが 105,284円、公式ストアが 103,980円。Ryzen 7 7840HS / メモリ 32GB / SSD 11TBの「MINISFORUM UM780 XTX」が Amazonにて 97,584円で販売されており、「EM780」は超小型の希少性もあり やや割高なようにも感じます。

以下の記事でレビューのキーボード付きの液晶との接続による軽量セット・持ち運びを考慮すると本製品、一般的な汎用性では「UM780 XTX」がよいとの認識です。

FYHX ele 13.3型 キーボード付 PCスタイルモニターの実機レビュー。快適なタイピング感で ミニPCの接続にもおすすめ
13.3インチクラスのポータブルモニターは、国内外の通販サイトで多くの製品が販売されていますが、上の写真は AliExpressで販売の「FYHX ele」ブランドのキーボード付き、ノートPC形状の13.3インチモニターです。タッチパネ...

 

 

▼比較対象とした「MINISFORUM UM780 XTX」のレビュー記事と販売情報

MINISFORUM UM780 XTX 実機レビュー、Ryzen 7 7840HS / DDR5 RAMの快適レスポンス、静音性にも優れた 作業効率アップ確実のミニPC
今回レビューする製品は、CPUにAMD Ryzen 7 7840HS、DDR5-5600 メモリ 32GB、PCIe 4.0を搭載する、ハイエンド構成の「MINISFORUM UM780 XTX」です。基本スペックが高いことにより、快速...