Xiaomi RedmiBook Pro 14 Intel モデル、最小構成のCore i5-12450Hが10万円未満。今さらながらにスペックを確認してみた | Win And I net

Xiaomi RedmiBook Pro 14 Intel モデル、最小構成のCore i5-12450Hが10万円未満。今さらながらにスペックを確認してみた

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

私の個人的な好みとして、アスペクト比 16 : 10、もしくは 3 : 2の14インチディスプレイ、ミドルレンジからハイエンド寄りのノートPCを物色しているなかで、今さらながらに惹かれているのが「Xiaomi Redmi Pro 14」のIntel 12th Core モデル。AMD Ryzen モデルも魅力ですが、私が 12the Coreの製品を所有していないこともあり、同製品のCore i5-12450H、もしくはCore  i7-12650Hモデルが目に留まりました。

今回は、「Xiaomi Redmi Pro 14、Intel 12th Core モデル」の概要について、今さらながらに掲載します。

関連記事

Xiaomi RedmiBook Pro 14、Ryzen 7 6800H / 5 6600H搭載の14型ノートのスペックと価格情報

Xiaomi RedmiBook Pro 14、Intel Core モデルのスペック

下表では、上のリンク先記事で紹介のAMD Ryzen モデルとの相違事項に黄色網掛しています。なお、CPUはCore i7-12650HとCore i5-12450Hの選択式ですが、Core i7-12650HモデルのGPUはNVIDIA GeForce MX550、Core i5-12450Hモデルは、NVIDIA GeForce MX550 /  Intel UHD Graphicsから選択できます(NVIDIA GeForce MX550モデルは、Intel UHD Graphicsも使用・切り替えできます)。

CPU Core i7-12650H / Core i5-12450H
GPU NVIDIA GeForce MX550 / Intel UHD Graphics
メモリ 16GB LPDDR5 Dual Channel、5200MHz
ストレージ 512GB PCIe 4.0 SSD(換装可能)
ディスプレイ 14インチ、IPS、解像度 2560 x 1600 (16 : 10)、120Hz リフレッシュレート、100% sRGB、明るさ 300 nits
WiFi WiFi 6 対応
Bluetooth 5.2
ポート類 Thunderbolt 4、USB Type-C 3.2 Gen.2、USB A 3.1 Gen.1、HDMI
サイズ 315.6 × 220.4 × 15.9mm、1.45kg
OS Windows 11 Home 中国版、ただし カスタマーサポート経由で英語版に変更可能
その他 アルミ製ボディ、バックライト付きキーボード、指紋認証、100W GaN 電源アダプター

 

AMD Ryzen モデルとの相違では(CPUとGPU以外では)、Intel モデルは Thunderbolt 4ポートを装備しています。なお、双方ともに、100W GaN 電源アダプターが付属しています。

AMD Ryzen モデルは、AMD Ryzen 7 6800H あるいは AMD Ryzen 5 6600Hを搭載しています。海外サイトで確認のGeekbench 6 シングルコアのスコアは以下です。参考までに、所有する M1 MacBook AirとM2 Pro Mac miniのスコアも掲載しています。

  • Core i7-12650Hは 2157
  • AMD Ryzen 7 6800Hは 1836
  • M1 MacBook Airは 2314
  • M2 Pro Mac miniは 2634

 

▲▼M1 MacBook AirとM2 Pro Mac miniのスコアは、以下の記事に掲載しています。単純にGeekbenchのみで実力を推し量ることはできませんが、参考までに記載すると、Geekbench 5のシングルコアのスコアは、Core i7-12650Hと M1 MacBook Airが同水準、 Intel UHD Graphicsのマルチコアは  Core i7-12650Hが高いスコアです。

Geekbench 6 vs 5のスコア、M2 / M1 Macなど、数台のPCで実測スコアの相関を確認してみた

 

▼Intel モデル、AMD モデル双方ともに、2.5Kの高解像度、300 nitsの明るい液晶を搭載しています。また、アスペクト比は 16 : 10となり、一般的な16 : 9よりも縦の情報量が多いです。アスペクト比 16 : 10 あるいは 3 : 2のノートPCを使用していると、通常の16 : 9では記事編集やExcel 作業などが狭く感じます。

 

▼AMDモデルは フル機能のUSB Type-Cを搭載していますが、Intel モデルは Thunderbolt 4を搭載していることも、大きなポイントの一つ。

価格情報

以下は最安構成のCore i5-12450H / Intel UHD Graphicsモデルの価格ですが、ストアクーポンを利用して 686.08ドル(約98千円)、Core i7-12650H / NVIDIA GeForce MX550は クーポン利用により 887.15ドル(約125千円)です。

同スペック帯では 15.6インチノートがメインとなり、比較が困難ですが、15.6インチ 有機EL パネル Core i7-12650H / 16GB 512GB RTX3050を搭載の「Vivobook Pro 15 OLED」の価格 227,760円(Amazonはこちら)が、参考となります。単純比較はできませんが、約10万円の価格差があり、「RedmiBook Pro 14 Intel モデル」のコスパ度は十分と言えそうです。

 

RedmiBook Pro 13、Intel 12th Core モデル、AliExpress

 

▼こちらは AMD Ryzen モデル

Xiaomi RedmiBook Pro 14、AliExpress

Xiaomi RedmiBook Pro 14、Ryzen 7 6800H / 5 6600H搭載の14型ノートのスペックと価格情報
XiaomiからCPUにAMD Ryzen 7 6800H、あるいはRyzen 5 6600Hを搭載する14インチノート「Xiaomi RedmiBook Pro 14, 2022モデル」がリリースされています(従来版からスペックアップ)。...