TRIGKEY G4 ミニPC、Alder Lake-N N100 / メモリ 16GB / PCIe SSD 500GBを搭載し、約28千円で販売中 | Win And I net

TRIGKEY G4 ミニPC、Alder Lake-N N100 / メモリ 16GB / PCIe SSD 500GBを搭載し、約28千円で販売中

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

同スペックの他のミニPCブランドよりも安価で販売することの多い「TRIGKEY」。CPUにインテル 第12世代のAlder Lake-N N100、メモリ 16GB、PCIe SSD 500GBの「TRIGKEY Geen G4」が、Amazonにて27,880円(2023年3月11日現在、15%オフのクーポン利用)にて販売されています。

Alder Lake-N N100のベンチマークスコアは、エントリークラスのミニPCやノートPCでの搭載事例の多い Jasper Lake N5105よりも約30%増となり、モバイル向けの第8世代 Core i3 / i5クラスの実力です。旧世代のCore i3 / i5との比較は「Alder Lake N95 / N100 搭載PC 実機3製品、旧世代 Core i3 / i5とのベンチスコア比較のまとめ」の記事に掲載しています。

販売元

TRIGKEY Geen G4、Amazon

TRIGKEY Geen G4のスペック

通常のミニPCよりも一回り小さい製品ですが、惜しいのはメモリスロットが一つのみであること。ただし、G4のN100 版 Amazonモデルは、メモリ 16GBを搭載しており(16GB x 1のシングルチャネル)、しかも安心のCrucial製のメモリです。

なお、AmazonではAlder Lake-N N95モデルも販売されていますが、この場合は メモリ 8GB、PCIe SSD 256GBです。

CPU Alder Lake N95、4コア4スレッド、最大  3.4GHz
GPU Intel UHD Graphics
メモリ 16GB DDR4、スロットは1つのみ
ストレージ M.2 PCIe SSD 500GB、2.5インチ HDD / SSDを増設可能
WiFi WiFi 6対応
Bluetooth 5.2
ポート類 USB 3.2 x 4、HDMI x 2、有線LAN
サイズ 115 x 102 x 41mm
OS Windows 11 Pro

 

▲▼CINEBENCH R20のマルチコアのスコアは、Jasper Lake N5105の789に対して、Alder Lake-N N100は約26%増の997とあります。以下の記事にて記載していますが、ほぼ同水準となる N95のGeekbench 5 シングルコアのスコアは、N5105と同水準のN5095の約40%増となり、Core i5-7300U相当、よく言えば Core i3-10110Uに近い水準です。

ただし、Web ブラウジングや在宅勤務の普段使いで、N100(N95)とN5105(N5095)との相違を体感できるほどではありません比較では、若干キビキビしている程度です。このため、Jasper LakeのPCをお持ちの方は買い替えるほどではないのですが、今後 新たに購入する場合には、N100 / N95がおすすめです。

Alder Lake-N N95 PC実機でのベンチマーク、シングルコアはCore i5-7300U相当、Core i3-10110Uにも近い水準
2023年3月4日現在、CPUにインテル 第12世代 Alder Lake-N N100 あるいはN95を搭載するPCが販売され始めています。うち、Alder Lake-N N95を搭載の「Beelink S12 ミニPC」を現在レビュー中...

 

▼エントリークラスの製品でもあり、樹脂製のボディです。ボディ自体は上の記事で掲載の「Beelink S12」と同じ(天板、配色違い)です。TRIGKEYやBeelinkは製造元ではなく、OEM製品であるとの認識です。

まとめ

Alder Lake N100 / N95を搭載するミニPCがチラホラと販売されつつありますが、Jasper Lake N5105 / N5100 / N5095よりも高パフォーマンスなことは確実であり、コスパにも優れています。

うち、冒頭にも記載しましたが、TRIGKEYのミニPCは他ブランドよりも安価で販売されていることが多く、購入候補となる製品です。

 

▼競合する製品は「Beelink S12 / S12 Pro」。TRIGKEYと同一製造元の製品(天板のデザイン違い)です。

Beelink Mini S12 / 12 Pro、Alder Lake-N N95 / N100搭載 ミニPCのスペック。N5105より約20% パフォーマンスアップ
先日、CPUにインテル 第12世代 Alder Lake-N100を搭載するミニPC「MOREFINE M9」を紹介しましたが、ミニPCの老舗 BeelinkからもN95 あるいはN100を搭載の「Mini S12 / S12 Pro」が販...

 

▼こちらはN100を搭載する「Beelink EQ12」の実機レビュー記事。DDR5 メモリを搭載しています。

Beelink EQ12 実機レビュー、Alder Lake N100 / DDR5 16GB / PCIe 500GB SSDで 約32千円とコスパ度最強。Core i7-8565Uと同水準のベンチスコア
今回レビューする製品は、CPUにインテル 第12世代 Alder Lake-N N100を搭載するミニPC「Beelink EQ12」。同社のN100を搭載する製品としては「S12 Pro」がありますが、「EQ12」はDDR5 メモリを標準...

 

参考、日本語キーボードへのレイアウト変更方法

中国ブランドも含め、海外製のミニPC・PCでは、通常の場合、Windows 11 英語版がプレインストールされています。初期設定で日本語を選んだ場合にも英語キーボードの設定になっているため、@の位置など、日本キーボードとは異なる配置となっています。これを初期不良と勘違いする方もいらっしゃるのですが、以下の記事に記載の方法で、簡単に日本語キーボードのレイアウトへと変更することができます。

中国ブランドのWin 11 ミニPCなど、キーボードレイアウトを英語から日本語に変更する方法。初期設定では英語のため要注意
Windows 11がプレインストールされた、中国ブランド、あるいは海外から取り寄せたミニPCなど、Windows 11の初期設定で言語を日本語に設定しても、キーボードのレイアウトは英語キーボードとなっています。そこで今回は、英語キーボード

 

▼なお、こちらは私のおすすめのWindows 11の初期設定です。

Windows 11 、初期設定直後に行いたい10個の追加設定。IMEの変更、英数・かな切替の割り当て、スリープ設定など
これまで Windows 10から11への更新、新規購入のPC、MacBookでの仮想環境など、多くのWindows 11 PCの初期設定を行ってきました。このなか、初期設定直後に行う追加設定、インストールするソフトなどが定着しましたので、