Teclast P26T、14,365円のエントリー機ながらも Widevine L1対応の10.1インチ Android 13タブレット | Win And I net

Teclast P26T、14,365円のエントリー機ながらも Widevine L1対応の10.1インチ Android 13タブレット

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Teclastより、AliExpressでは98.99ドル、Amazonでは14,365円の安価な10.1インチタブレット「Teclast P26T」が販売されています。

安価なタブレットのために、CPUはエントリークラスの8コア、LTEに未対応、解像度は1280 x 800のHD画質ですが、Android 13を搭載し、メモリは物理メモリ 4GB + 拡張メモリ 4GBであることが特徴です。

また、液晶自体はHD画質ですが、Widevine L1に対応(Netflixには未対応)しており、スペックと価格面から動画再生のサブ機、あるいはお子様の学習用に向いています。

 

Teclast P26Tのスペック

Teclast P26Tのスペックは以下となります。型番から、Amazonのこちらのページで販売の「P25」のアップグレード版と思われます。

CPU Allwinner A523、8コア
GPU Mali-G57
メモリ 4GB + 拡張 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 10.1インチ、IPS、解像度 1280 x 800
WiFi Dual Band 対応
Bluetooth 5.2
LTE 未対応
カメラ フロント 2百万画素、リア 5百万画素
バッテリー容量 5000mAh、USB Type-C
サイズ 未確認
OS Android 13
その他 2スピーカー、Widevine L1をサポート

 

▲▼CPUのAllwinner A523は 私が知る範囲では タブレット・スマホでの搭載事例は少なく、Webでの情報も少ないのですが、上の画像のとおり、AnTuTu スコアは16万と明記されています。

過去のレビュー製品のなかでは、以下の「BMAX I10 Pro」が同水準です。約1年前にレビューした製品であり、タイトルの「サクサク」ほどではないにせよ、普段使いではストレスとなるほどの遅さを感じることなく動作します。1万円台前半のタブレットで、AnTuTu スコア 16万は わるくはないです。

BMAX I10 Pro、10型タブレットの実機レビュー。4コア CPUながらもAnTuTu スコアは約17万でサクサク動作。アルミ製の背面も特筆すべき上質さ
BMAXの10インチ Android タブレット「MaxPad I10 Pro」の実機レビュー記事です。I10 シリーズとしては、CPUに8コアのUNISOC T618を搭載する「MaxPad I10 Plus」が先行販売されていますが、「...

 

▲10.1インチでFHDではなく 1280 x 800のHD解像度となると、私の他のタブレットの使用感では、文字のドットなどが多少目につくイメージです。ただし、価格を考慮するとやむを得ず。

動画再生については「Widevine L1に対応」と明記されています。ただし、液晶自体の解像度がHD画質であり、本製品はNetflixの高画質再生には未対応(Amazonの製品紹介に明記されています)であることに注意が必要です。なお、以下の記事に記載していますが、動画の画質にそれほど拘りのない私にとっては、NetflixがL1に対応していなくとも、仮にSD画質であっても十分です。

Android 端末における Widevineとは。概要とL1,L2,L3の相違、L1,L3の画質を実機で確認してみた
最近のAndroid 端末においては、上の画像のように「Google Widevine L1に対応」とする製品が増えてきました。逆に言えば、Widevine L1に未対応の製品の場合は「Widevine」の明記のないことが多いのですが、各所...

 

▼メモリは、4GB 物理メモリ + 4GB 拡張メモリ(ストレージから仮想的にメモリに割り当て)です。拡張メモリについては、以下の記事に記載していますが、本製品のように物理メモリが少ない製品では有効な機能です。

Android タブレットのメモリ拡張機能、複数パターンの設定項目と設定方法のまとめ
Android タブレットでは、ストレージの未使用領域を仮想的にメモリに割り当てる「メモリ拡張機能」付きの製品が増えてきました。これまで、メモリ拡張機能付きのタブレットを複数レビューしましたが、メモリ拡張機能の設定項目の場所が端末により異な...

 

Teclast P26Tの外観

Teclastのタブレットは、金属製でシックなグレイ あるいはシルバーの背面であることが多いのですが、本瀬品は鮮やかなブルーの樹脂製。以下の画像のように、波打った紋様が施されているために滑りにくく、指紋や油脂も目立ちにくい仕様です。

また、価格面でも取り扱いにそれほど気を遣う必要もなく(個人的な見解です)、ケースなしでも運用できそうです。

▲リアカメラは5百万画素のシングルカメラですが、2つあるカメラ形状のデザインのうち、1つはダミーでしょうか。

 

▼AliExpressとAmazon サイトではサイズを確認することができないのですが、Teclast 製品のイメージ画像は 厚みを薄く、ベゼル幅を狭く見せる傾向があることに留意ください。なお、ベゼルのうち、狭い方の幅(ディスプレイのガラス枠の幅。ブルーの本体の幅を含まず)は6mmです。

▲Micro SDトレイはなく、剥き出しになっています。

 

まとめ

エントリークラスの8コア CPU「Allwinner A523」を搭載し、同社のTシリーズやMシリーズとの比較ではレスポンスは劣りますが、AnTuTu ベンチスコア 16万でもあり、それほどストレスを感じることなく動作します。

10.1インチのディスプレイはHD画質であるものの、Widevine L1(Netflixには未対応)をサポートしていますので、低価格の動画再生端末をお探しの方には候補となる製品の一つです。

Teclast P26T、10.1インチ Android 13 タブレット、WiFiモデル、RAM 4GB+4GB拡張、64GB ROM、Widevine L1対応
TECLAST