Core i9-10885H / NVIDIA GTX 1650Ti搭載のミニPC 「NVISEN GX01 Pro」。底板を開き、内部の構成を確認してみた | Win And I net

Core i9-10885H / NVIDIA GTX 1650Ti搭載のミニPC 「NVISEN GX01 Pro」。底板を開き、内部の構成を確認してみた

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Core i9-10885HとNVIDIA GTX 1650Tiを搭載するミニPC「NVISEN GX01 Pro」。ベンチマークのシングルコアでは、Ryzen 5 / 7の5番台が高いスコアですが、普段使いでは CPU / GPUともに余裕があり、もちろん、メイン利用のPCとしても使用することができます。

ただし、課題としては底板を開けにくいことと、頻繁にサーマルスロットリングが発動すること。今回、一つめの課題に対応すべく、やや力を入れて 底板の隙間にカードを差し込んでみると、底板を開くことができましたので、内部の構成について記載します。

 

関連記事 以下の実機レビューの追記の位置付けの記事です。

NVISEN GX01 Pro 実機レビュー。Core i9-10885H / NVIDIA GTX 1650Tiを搭載のゲーミング ミニPCのベンチスコアと使用感

NVISEN GX01 Proのスペック

2世代前の第10世代 モバイル向けハイエンドのCore i9-10885H、NVIDIA GTX 1650Tiと、軽めのゲームを行うには程よい組み合わせの「NVISEN GX01 Pro」。システム情報やベンチマークスコア、体感レスポンスは上の記事に掲載していますが、スペックは以下となります。

CPU Core i9-10885H、8コア16スレッド、最大 5.3GHz
GPU NVIDIA GTX 1650Ti DDR6 +  Intel HD Graphics 630
メモリ 16GB DDR4、空きポートあり
ストレージ 512GB M.2 SATA SSD、PCIe 4.0 SSD サポート、2.5インチ SATA HDD / SSD 増設可能
WiFi 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
ポート類 USB 3.0 x 4、USB 2.0 x 2、USB Type-C、HDMI、DisplayPort、有線LAN
サイズ 222 x 195 x 39mm、1060g
OS Windows 11 Pro

 

▼以下の画像は負荷をかけてない際のCPUの温度ですが、小さなファンの2つの制御によるものか、サーマルスロットリングの項目に赤文字で「はい」とあるとおり、サーマルスロットリングが頻繁に発動することが課題。また、SSDはSATA接続ですが、ハイスペックを活かして PCIe SSDに換装したいもの。

上記の冷却(ヒートシンクなど)対応の手段の検討と、SSDの換装の準備のために、今回 内部の構成を確認してみました。

 

▼Banggoodの販売情報。画像の価格は 759.99ドルですが、クーポン「BGJP7c87」の利用により 655.99ドル。クーポンは5月14日まで有効。

NVISEN GX01、Banggood

底板を開き、内部の構成を確認

青みがかったグレイの部分は金属製、それ以外は樹脂製の筐体です。下の画像の四隅にあるネジを開けて底板を外すのですが、ヘラ・カードを入れる隙間が狭く、硬いツメで固定されています。ポート側の隙間にカードをやや強引に差し込み移動させることで、ポート側のツメが外れました。ツメが一箇所開けば、後は順次 ツメを外していくことで底板を外すことができます。

 

▼底板を外しました。ツメの構成と樹脂製であることがわかります。

 

▼左にヒートシンクと小さなファンが2個、中央上にメモリ(2スロット、一つは空き)、その右に2280サイズのM.2 SATA SSDがあります。スロットはPCIe SSDに対応していますので、後日 SSDを換装します。

 

▲ヒートシンクとファンを拡大。負荷をかけていない際、あるいは多くの時間は静音なのはよいのですが、CPU温度が高くなり、サーマルスロットリングが発動しやすい傾向です。以下の記事で掲載のファンコントロールソフトも機能せず、冷却対応を模索中。

Windows PCのファン回転数の制御は「FanCtrl」が簡単で便利。ミニPC数台での動作も確認済
Windows PCにて、これまで複数の無料ファンコントロールソフトを試してみましたが、設定が最も簡単なものが「FanCtrl」。数台のミニPCとノートPCで動作を確認したところ、手持ちのノートPCは古い製品が多いためか 動作しませんでした...

 

▼メモリとSSDを拡大。左下に 2.5インチ HDD / SSD接続用のポートがあります。

 

▼付属のケーブルを仮に取り付けてみました。右のケーブルが硬く、取り回ししにくいです。

 

▼Banggoodの販売情報。画像の価格は 759.99ドルですが、クーポン「BGJP7c87」の利用により 655.99ドル。クーポンは5月14日まで有効。

NVISEN GX01、Banggood