MINISFORUM UM560XT がリリース。AMD Ryzen 5 5600Hを搭載し、ベアボーン価格は31,980円 | Win And I net

MINISFORUM UM560XT がリリース。AMD Ryzen 5 5600Hを搭載し、ベアボーン価格は31,980円

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

MINISFORUMより、人気のUM580 / UM590などと同じ筐体を採用するミニPC「UM560XT」がリリースされました。モデル名の近いPCとしては、AMD Ryzen 5 5625Uの「UM560」が販売されていますが、「UM560XT」は Ryzen 5 5600Hを搭載しています。

2023年4月18日現在では予約販売中となりますが、メモリ / ストレージ / OSなしのベアボーン価格は31,980円。ベアボーンでの価格比較では、「UM560」が 45,500円(GaN電源アダプター付属、USB Type-C PD / Alt モード対応)、Ryzen 5 4500Uを搭載の「UM450」が 31,840円。

販売元

MINISFORUM UM560XT、公式ストア

MINISFORUM UM560XTのスペック

CPUにはモバイル向けのハイエンドを示す、末尾「H」のRyzen 5 5600Hを搭載しています。

CPU AMD Ryzen 5 5600H、6コア12スレッド、最大 4.2GHz
GPU Radeon Graphics
メモリ 16GB or 32GB、最大 64GBまで増設可能
ストレージ M.2 2280 512GB or 1TB PCle SSD、2.5インチ SSD / HDDを増設可能
WiFi デュアルバンド対応
Bluetooth 搭載
ポート類 HDMI x 2、USB Type-C x 2(データ専用、映像出力対応)、USB A 3.2 x 2、USB A 2.0 x 2、有線LAN
サイズ 127 × 128 × 47mm
OS Windows 11 Pro
その他 縦置きスタンド付属

 

MINISFORUM UM560、AMD Ryzen 5 5625U搭載のミニPCが販売に。GaN 電源アダプター、縦置きスタンドも付属
MINISFORUMより、CPUに6コア12スレッドのAMD Ryzen 5 5625Uを搭載するミニPC「UM560」がリリースされました。2スロットのメモリ、ストレージはM.2 PCIe SSDを標準装備、2.5インチ SATA HDD...
MINISFORUM UM450 実機レビュー、シリーズ エントリー構成ながらも十分に快適動作。負荷をかけてもほぼ無音の静音性
CPUにAMD Ryzen 5 4500Uを搭載するミニPC「UM450」の実機レビューです。同シリーズとしては上位の「UM580」や「UM690」が人気ですが、「UM450」はこれらと同じボディを採用し、縦置きスタンドが付属しています。 ...

▲比較対象となる製品は、同社の同じ筐体を採用し上の記事で紹介、Ryzen 5 5625Uを搭載の「UM560」、2つめの記事で実機レビュー、Ryzen 5 4500Uを搭載の「UM450」。

  • 「UM560」は、65W GaN電源アダプターが付属。また、USB Type-C ポートは PDとAlt モードに対応し、PD対応のモニターからの給電と映像出力を、ケーブル一本で行うことができることが大きな特徴。
  • 「UM560XT」と「UM450」は、通常の電源アダプターとなり、USB Type-Cは PD / Alt モードに未対応。データ専用と映像出力可能の2つのType-C ポートを備えています。
  • 上記の意味では「UM450」のCPUをスペックアップしたイメージです。

 

▼「UM560」と同じく Ryzen 5 5625Uを搭載する「MC560」のベンチマークスコアと体感レスポンスは、以下の記事で掲載しています。ベンチマークスコアは、「UM560XT」のRyzen 5 5600Hよりもやや優位ですが(Geekbench 6のシングルコアのスコアでは、Ryzen 5 5600Hの1620に対して、 Ryzen 5 5625Uは 1714)レスポンスは ほぼ同水準です。

MINISFORUM MC560 実機レビュー、USB PD / Alt対応、Web Cam / スピーカー内蔵で利便性抜群、Ryzen 5 5625U搭載でキビキビ動作
今回レビューする製品は、Web カメラとマイク、デュアルスピーカーを内蔵するミニPC「MINISIFORUM MC560」です。ミニPCらしからぬデザインで、CPUにAMD Ryzen 5 5625U、メモリ 16GB(32GB版もあり)、...

 

▲▼上の画像は「UM560XT」の製品紹介に掲載の内部の構成、下の写真は「UM450」の内部です。PCIe SSDを冷却するプレートがありますが、上の画像は上位機のもので実機で「UM450」と同じ構成のプレートなしの可能性があります。

 まとめ

「UM560XT」を先行販売の「UM560」と比較した場合、「UM560」は65W GaN電源アダプターが付属し、USB Type-CはPDとAlt モードに対応のメリットがあります。

ただし、「UM560」と「UM560XT」のベアボーン価格を比較した場合、冒頭に記載のとおり、約13千円の価格差があります。このため、価格重視の場合には「UM560HT」もおすすめです。

販売元

MINISFORUM UM560XT、公式ストア

MINISFORUM UM560、公式ストア