M2 Pro Mac mini 実機レビュー、ベンチスコアとシステム情報編。SSD 512GBのスコアは M1 256GBよりも多少高くて一安心 | Win And I net

M2 Pro Mac mini 実機レビュー、ベンチスコアとシステム情報編。SSD 512GBのスコアは M1 256GBよりも多少高くて一安心

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

昨日(2023年2月3日)に注文した M2 Proを搭載のMac miniを、注目翌日の本日(2月4日)受領しました。早速、ベンチスコアを計測しましたので、実機のシステム情報とあわせて速報ベースでお伝えします。その他の機能や使用感については、後日 何回かに分けてレビューします。

レビューする製品はこちら

M2 Pro Mac mini、Amazon

実機のシステム情報

M2 Mac miniの購入にあたり、M1 MacBook Air 8GB機で Parallels Desktopを使用しているなかで 8GBでは心許ないために、M2 / 16GB RAMを検討していました。ところが、M2のSSD 256GBは M1 SSD 256GBの30%〜50%減の速度との多くの情報を受け、16GB RAM / 512GB SSDも候補に。

3日ほど悩みましたが、「動画編集を想定して」と自分なりの言い訳を経て「M2 Pro 16GB RAM / 512GB SSD」のモデルを購入です。

 

▼Geekbench 5から抜粋のシステム情報。M2 Pro 10コア、16GB RAM

 

▼macOS Venturaのシステム設定の画面に慣れずにいますが、モデル名は「Mac mini 2023 (Mac14,12)」、メモリ 16GB / SSD 512GB

 

 

▲▼ディスプレイは「Apple iMac ディスプレイ」となっていますが、以下の記事で掲載の iMac 27インチ Mid 2010のターゲットディスプレイの機能を活かしています。M2 Mac mini / macOS Venturaでも機能しています。

M1 Mac / iMac 27 Mid 2010のターゲットディスプレイ、M1 Mac Montereyでも快適動作することを確認
Macのターゲットディスプレイを目的として、2021年5月に中古のiMac 27インチ Mid 2010を購入して以降、Windows PCのディスプレイとしても 快適に使用しています。 M1 MacBook Airの外部ディスプレイの使用...

 

▼メモリはLPDDR5、Hynixのチップです。

 

▼Thunderbolt / USB4は、もちろん仕様どおりの4ポート

ベンチマークスコア

取り急ぎのGeekbench 5、CINEBENCH R23、SSDのベンチマークスコアを掲載します。また、参考までに、M1 MacBook Air / macOS Venturaで計測のスコアも併載しています。

M1 MacBook AirをVenturaに更新、ベンチスコアをMontereyと比較してみた
M1 MacBook AirのOSを「Monterey」から「Ventura」に更新しました。「このMacについて」と「システム設定」の表示の変更に戸惑いを感じるなか、ベンチマークを走らせ「Monterey」「Big Sur」とのスコアを比...

Geekbench 5

 

▼M2 Pro Mac miniのGeekbench 5のスコアは「シングルコア 1939、マルチコア 12121」。「M1 / M2 チップのGeekbench 5 スコア一覧。M2 Mac mini 購入の検討材料に整理してみた」の記事にて 事前確認していましたが、そちらの情報では「シングルコア 1927、マルチコア 11856」であり、誤差の範囲で同じです。

▲M1 MacBook Air 実機で計測のスコアは「シングルコア 1743、マルチコア 7756」。普段使いの体感レスポンスに直結する シングルコアは「1939 vs 1743」ですが、この程度の差では体感レスポンスに差はありません。実際、当記事は M2 Mac miniで編集していますが、ライトユースではM1 MacBook Airとの相違を全く感じず。

CINEBENCH R23

 

▼CINEBENCH R23のスコアは「シングルコア 1645、マルチコア 11744」。当然の結果かと思いますが、シングルコアは Core i7-1165G7、Core i7-9800Hよりも高いスコアです。

 

▼こちらは参考掲載のM1 MacBook Airのスコア

SSD、メモリ

 

▼M2 Pro Mac mini(上)、M1 MacBook Air (下)のSSDのベンチスコア。

前述の「M2のSSD 256GBは M1 SSD 256GBの30%〜50%減の速度(NAND チップが2つから1つになっていることに起因)」ではなく、512GBは M1 MacBook Air 256GB以上の速度であり 一安心。ただし、184,800円の製品ですので、もう少し速度があるとよいのですが。この速度では、7,000円前後のPCIe SSDより多少速い程度です(キオクシア Amazonでの販売事例はこちら)。

 

 

▼LPDDR5 16GB メモリのベンチスコア。200GB/sのメモリ帯域幅ですが、実際には100GB/s前後。それでもなお、2つめのM1 MacBook Airとの比較では、かなり高速なスコアです。

 

2023年2月12日追記。Thunderbolt 3/4対応のNVMe SSD 外付けケースを購入し、M2 Mac mini / M1 MacBook Airにて、ベンチスコアを計測してみました。
M2 Mac mini / M1 MacBook Air、Thunderbolt 3/4対応 外付SSDケースでのPCIe 3.0 SSDのベンチスコアを計測してみた
Thunderbolt 3/4に対応のNVMe SSD ケースを購入し、PCIe 3.0 M2 SSDのベンチスコアを M1 MacBook Air / M2 Pro Mac miniにて計測してみました。 それほど高速でない PCIe S...

まとめ

Geekbench 5とCINEBENCH R23は事前情報と同水準のスコアのM2 Pro Mac miniですが、懸念していた 512GB SSDのベンチスコアは M1 MacBook Air 256GBのスコアを上回り安心。

なお、上のリンク先記事のとおり、Thuderbolt 3/4対応の外付けSSDの速度は、M1 MacBook Airより やや劣る程度となり、1万円未満のPCIe 3.0 SSD 外付けの場合にも M2 Mac miniの256GB SSDよりも高いスコアです。

 

▼購入した M2 Mac miniは、M2 Pro / RAM 16GB / SSD 512GB。Amazonでも販売されています。