ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro 用ケース、ガラスフィルムの簡易レビュー。ケースは意外と質感高い一方、フィルムは浮きあり失敗 | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro 用ケース、ガラスフィルムの簡易レビュー。ケースは意外と質感高い一方、フィルムは浮きあり失敗

先日 実機レビューの、Helio G99を搭載の8.4インチタブレット「ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Proのレスポンスや使い勝手がよいため、通勤電車内での使用に備えて ケースとガラスフィルムを購入しましたので、簡易的にレビューします。

ケースは想像よりもよい製品ですが、ガラスフィルムは何度貼り直しても浮いてしまい失敗。別途、PET フィルムを購入し受領待ちです。

レビューする製品はこちら

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro ケース、Amazon

関連記事

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro 実機レビュー、Helio G99のAnTuTuスコアは約40万、メモリ 8GB、UFSストレージで快適動作の8.4インチタブレット

Alldocube iPlay 50 Mini 実機レビュー、90ドル未満にして AnTuTu スコアは約24万、Widevine L1対応のFHD、鮮やか液晶の8.4型タブレット

 

購入したケースとガラスフィルム

国内外通販では、ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro / 50 Mini用のケースが多くのショップから販売されていますが、色違いも含めて 数種類に集約されるとの認識です。うち、私が購入したのは以下の製品です。

 

▼私が購入したケースは以下の製品です。そもそも、iPlay 50 Mini Pro / 50 Miniはマグネット開閉による液晶オンオフに対応していないのか(他のタブレット向けの、マグネットに対応のケースでは反応せず)、ケースにマグネットは装備されていません。ブラックの枠が好みであったため、消去法での購入でした。

 

▼購入したガラスフィルムはこちらですが、冒頭に記載のとおり浮きが生じ、購入を控えるべき製品のために小さいリンクです。2枚組であり 所有するiPlay 50 Mini Pro / 50 Miniの双方で使用する予定でしたが、2枚ともに浮きが生じたために未使用、iPlay 50 Mini Proは付属のPET フィルムを剥がしてしまったため、別途購入済、受領待ちです。

2枚入り ガラスフィルム、Amazon

 

ガラスフィルム(失敗)

2枚入りで 1,250円の価格とパッケージはよいのですが、下の写真、以下のとおり 浮きが大きく 購入して後悔です。これまでのガラスフィルムの経験則では、iPhone / iPadは販売数・製品数・レビュー数とも多く、レビューコメントを参考に製品を見極めやすいですが、Androidは難しいですね。

iPlay 50 Miniに限らずですが、Amazon レビューでは、レビュー数が多いようでも、他の端末のレビューコメントであったり、参考になるコメントは少ないです。私の場合、Android 端末で気泡・浮きがなく、貼り付け成功となった事例はごく僅かです。

  • 1枚目は 5回ほど貼り直しましたが、浮きが生じないよう位置をずらして貼りなおしても 周囲に浮き・気泡が生じてしまいます。上下左右ともに、あと2mmほど小さいとよかったかも。
  • 1枚目の個体差とも思い、2枚目を貼ってみるも状況は変わらず。
  • 同フィルムを後日 以下の8.4インチタブレットで試してみますが、ガラスフィルム自体よりも iPlay 50 Mini Proのエッジのごく僅かなラウンドが原因のようにも思います。

 

アーアユー M60 実機レビュー、14,980円と安価ながらもFHD、Widevine L1対応の8.4型タブレット。UNISOC T606搭載によりレスポンスも十分
今回レビューする製品は、CPU(SoC)に UNISOC T606を搭載する、8.4インチ 解像度 1920 x 1200のAndroid 12 タブレット「アーアユー(AAUW)M60」です。物理メモリ 4GB(+拡張 4GB)、スト...

 

▼何度も貼り直したこともあり、表面に指紋・汚れが付着し 浮きがわかりにくくなっていますが、上の写真の下側、下の写真の上・下・左に浮きが生じています。滑らかで使用感はよいのですが、見た目がよくないために使用していません。

 

ケース

上の写真のように質感はわるくなく、触り心地もしっとりした 好感の持てる製品です。電源ボタンと音量調整ボタンは解放されているものの、液晶側の枠の存在とボタン類の位置が液晶側に寄っていることから、ボタン類を操作しにくいです。

 

▼サードパーティー製のはずですが、ALLDOCUBEのロゴの型押しがあります。布地のような柄ですが、しっとりした上質の触り心地です。

 

▼カメラの位置もピッタリとフィットしています。

 

▲▼USB-C ポート、スピーカーの位置も合っています。USB-C ケーブルでの充電時も、課題となる事項はありません。

 

▼やはり、電源ボタン・音量調整ボタンの押下しにくいことが気になります。外枠がボタン類を被っている製品も、ケースなしよりは押下しにくいですが、それよりも更に押しづらい。

 

▼内側の質感もよいのですが、中央の艶ありブラックの樹脂の部分には、擦り傷が多数あります(本体を装着すると隠れます)。

 

▼こちら側は解放されていますが、端は他の部分よりも厚めになっています。取り付けは簡単ですが、取り外す際には やや硬め。

 

▼製品のイメージ画像で見るよりも枠は細く、ホールド感を大きく損ないません。

 

▼無段階調整式のスタンドもしっかりと機能し、本体が倒れることもありません。

まとめ

写真をメインとした、iPlay 50 Mini Pro(50 Miniにも使用可能)用のケース・ガラスフィルムの簡易的なレビューでした。

ケースは電源ボタン・音量調整ボタンの多少の押しづらさはあるものの、想像よりも質感高く、わるくはない製品です。一方のガラスフィルムは、タブレット本体のエッジの僅かなラウンドの影響か、あるいはガラスフィルムのサイズによるものか、浮きが生じ使用していません。Android スマホ・タブレットのガラスフィルムの購入では何度も失敗しており、私にとっては PET フィルムが無難な選択でした。

 

2023年9月25日追記。フィルムはガラスフィルムを諦め、以下のミヤビックスのPET フィルムを使用しています。気泡の混入もなく、よい製品です。私の場合、他の端末も含めて、困ったらミヤビックスです。