Black Shark 4、スナドラ 870搭載 ゲーミングスマホのスペックと価格情報。RAM 8GB版は495ドルで販売中 | Win And I net

Black Shark 4、スナドラ 870搭載 ゲーミングスマホのスペックと価格情報。RAM 8GB版は495ドルで販売中

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Snapdragon 870、6.67インチのAMOLEDパネルを搭載する「Black Shark 4」。AliExpressのMi Global Storeでは、4月17日現在 メモリ 8GB / ストレージ 128GBが495ドルで販売されています。今回は、 Black Shark 4のスペックと価格情報を短編にてお伝えします。

Black Shark 4のスペック

AnTuTu v8のベンチスコアが約63万となる Snapdragon 870に、高速ストレージのUFS 3.1、6.67インチのAMOLEDパネルは144Hzのリフレッシュレートと、ハイエンドな構成となっています。

CPU Snapdragon 870、8コア
メモリ 6GB / 8GB DDR5
ストレージ 128GB UFS 3.1
ディスプレイ 6.67インチ、解像度 2400 x 1080、AMOLED144Hz リフレッシュレート
リアカメラ 48百万画素 + 8百万画素 + 5百万画素、AI トリプルカメラ
フロントカメラ 20百万画素
WiFi Wi-FI 6
Bluetooth 5.0
SIM Nano SIM x 2
バッテリー 4500mAh、Quick Charge 4.0対応、65W Fast Charge
サイズ 163.83 x 76.35 x 10.42 mm, 210g
OS (グローバル版、Google Play対応)
その他 インスクリーン 指紋認証

 

上のスペック表は、同じくSnapdragon 870を搭載する「POCO F3」の記事で掲載のものをベースとしています。スペック上の相違は以下程度となりますが、ゲーミングスマホとなる Black Shark 4であり、充実している周辺機器の存在もあり、単純比較することは適切ではないように思います。

  • POCO F3のリフレッシュレートが120Hzに対して、Black Shark 4は144Hz
  • POCO F3の指紋認証がサイドであるのに対して、Black Shark 4はインスクリーン
  • Black Shark 4のバッテリー容量は4500mAhとなり、65WのFast Chargeに対応

 

▼引用した POCO F3の記事はこちら

POCO F3、スナドラ870を搭載し、AnTuTu スコア 約63万で3万円ちょいの驚愕の高コスパ。3/29にセール開始
コスパに優れたスマホを展開する「POCO」ですが、Snapdragon 870、120Hzのリフレッシュレート、6.67インチのAMOLEDパネル、高速なUFS 3.1ストレージを搭載する「POCO F3」が、AliExpressの11周年...

Black Shark 4の価格情報

上の画像のとおり、ゲームに適したイヤホンや専用ケースなどの周辺機器も充実いています。メモリ 8GB、ストレージ 128GB版の単体価格は495ドル。メモリ 6GB版は445ドルで販売されていますが(日本には出荷できない Black Shark オフィシャルストアの情報)、同じく Snapdragon 870を搭載する「POCO F3(AliExpressの販売情報はこちら)」と比較すると 約100ドル高。ゲームを行わない方にとっては、「POCO F3」のコスパがより優れています。

 

▼Black Shark 4とPOCO F3の価格情報

Black Shark 4 (AliExpress, Mi Global Store)

 

POCO F3 (AliExpress)

コメント