Xiaomi Hyper OS、デフォルトアプリの変更方法。ブラウザやランチャーアプリなどを簡単に変更可能 | Win And I net

Xiaomi Hyper OS、デフォルトアプリの変更方法。ブラウザやランチャーアプリなどを簡単に変更可能

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Androidのメインスマホを、Xiaomi HyperOSを搭載する「POCO F6 Pro」に変更しましたが、ピュアなAndroidと各種設定が異なるために、設定方法を手探り状態で確認しています。そこで今回は、私の備忘録も兼ねて、ホームランチャーやブラウザなど、デフォルトアプリの変更方法を記載します。

Xiaomi HyperOS、デフォルトアプリの変更方法

デフォルトアプリの変更方法はわかってしまえば簡単です。一行で記載すると、設定アプリの「設定、アプリ、アプリを管理、右上をタッチ、その他の設定、デフォルトのアプリ」へと進み、ブラウザなどの変更可能なアプリの種類を選択し、任意のアプリに変更します。

 

▼「設定」アプリを開き、「アプリ」をタッチします。

 

▼「アプリを管理」をタッチします。私は何度か勘違いしていましたが、「システムアプリ設定」ではありません。

 

▼右上の赤枠をタッチします。

 

▼「その他の設定」をタッチします。

 

▼「デフォルトのアプリ」をタッチします。

デフォルトアプリの設定とは関係ありませんが、必要に応じて、「アップデートについて通知する」「おすすめ」を無効化した方がよさそうです。

 

▼変更可能なデフォルトアプリの種類は、以下の画面の11種類。「ランチャー」「ブラウザー」「カメラ」「ギャラリー」「音楽」などがあります。

 

▼こちらは「ブラウザー」と「デフォルトのホーム画面(ランチャーアプリ)」の選択画面の事例です。私が頻繁に変更するのはランチャーアプリ。この変更プロセスを探していました。この画面での変更により、デフォルトアプリの変更設定の完了です。

 

まとめ

Xiaomi HyperOSにおいて、ホームランチャーやブラウザなどのデフォルトアプリの変更は、設定アプリの「設定、アプリ、アプリを管理、右上をタッチ、その他の設定、デフォルトのアプリ」へと進み、ブラウザなどの変更可能なアプリの種類を選択、任意のアプリに変更することにより、簡単に対応できます。

なお、私は以下の記事にて実機レビューの、Snapdragon 8 Gen 2を搭載する「POCO F6 Pro」のホームランチャーを、上の写真のように iOS風に変更しています。記事の関係で何度も、デフォルトの「POCO Launcher」に変更するため、今回の記事としました。

POCO F6 Pro 実機レビュー、Snapdragon 8 Gen 2 / UFS 4.0 / 120Hz リフレッシュレートによる快適レスポンス。スペック重視で購入して正解
今回レビューする製品は、CPUにSnapdragon 8 Gen 2を搭載する 6.67インチスマホの「POCO F6 Pro」です。 基本スペックの高さに加え、120Wの急速充電に対応と、そのコスパの高さから多くのサイトで取り上げられてい...

 

▼なお、「POCO F6 Pro」は楽天モバイル SIMにて運用していますが、地上においては メインのソフトバンク SIMの回線速度よりも速いケースも多いです。

楽天モバイル 最強プラン、ソフトバンク SIMとの回線速度の比較と使用感。地上では想像以上の回線速度
Androidで使用していた「OCN モバイル One」のSIMを、楽天モバイルにMNPしました。早速、上の写真の「POCO F6 Pro(ランチャーをiOS風にしています)」にて使用していますが、場所によっては メイン利用のソフトバンク回...