Oclean W1 ウォーターフロッサー 実機レビュー、独自の間隔で水と空気をジェット噴射の口腔洗浄機 | Win And I net

Oclean W1 ウォーターフロッサー 実機レビュー、独自の間隔で水と空気をジェット噴射の口腔洗浄機

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

今回レビューする製品は、Ocleanの口腔洗浄機「W1 ウォーターフロッサー」です。一般的な口腔洗浄機のように水を流し続けるタイプではなく、独自の間隔で空気と水の混合をジェット噴射するものです。このために水タンクの容量は小さく、約149.5gと軽量であることも特徴とします。

実際に使用してみると、ピンポイントで狙った場所を洗浄でき、かつ強い噴射(強さは7段階で調整できます)により、歯の間に詰まった食べかすなどは程よく除去できます。

レビューする製品はこちら

Oclean W1 ウォーターフロッサー、Amazon

Oclean 公式サイト 製品情報

 

Oclean W1 ウォーターフロッサーの特徴

 

はじめに、Amazon サイトから抜粋の製品の特徴について記載しますが、重要なポイントを赤太字にしています。大きなポイントとしては、冒頭に記載の「水を流し続けるタイプではなく、独自の間隔で空気と水の混合をジェット噴射」、「本体のボタンによるモード選択、アプリによる噴射の強さを調整」、「独自間隔の噴射により水量を抑制、約149.5gと軽量」の3つとの認識です。

 

  • 水と空気のW噴射でしっかり汚れを除去。圧縮された空気と水の混合により噴射するタイプ。
  • 水を流し続けるタイプではなく、独自の間隔でジェット噴射
  • 上記2つにより、必要な水量が少なくすみ、軽量でコンパクトです。
  • 本体のボタンにより、3つのモードを選択可能。3つのモードとは、「手動クリーニング」「自動クリーニング(標準)」「自動クリーニング(アプリカスタマイズ)」です。
  • アプリ「Oclean Care+」の利用により、7段階の強さ調整を選択可能。
  • バッテリーを内蔵(容量 1200mAh)し、3時間の充電により、最大30日間使用可能。
  • 水タンク付きで 約149.5gと軽量
  • IPX5の防水(約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件で、あらゆる方向から噴流を当てても機器の機能が動作する)に対応。
  • 収納に便利なケースが付属。USB充電器は付属していませんが、スマホなどの充電器を流用できます。
  • なお、同社公式サイトには、「ノズルは4~6か月ごとに交換することをお勧めします」とあります。

 

▼私は製品紹介を参照する前に勘違いしていたのですが、また、繰り返しとなりますが「水を流し続けるタイプではなく、独自の間隔でジェット噴射」するタイプであることに留意ください。使用時には、噴射するタイミングでエアポンプと噴射の音がします。

 

▼圧縮された空気と水の混合により噴射するタイプであることが大きな特徴。実機を使用していると、タンクの水が空になった場合、空気が噴射されていることが よくわかります。

 

参考、Oclean社について

参考情報として、Oclean社の概要について記載します。

引用元

Oclean、日本公式サイト

 

スマホとBluetooth連携対応の電動歯ブラシ「Oclean X Pro Elite」の実機レビュー。タッチパネルも装備し、アプリでのブラッシング分析も秀逸

私は2021年6月に、上記リンク先のとおり 同社の電動歯ブラシ「Oclean X Pro Elite」の実機レビューを行っています。当時は日本の通販サイトからの販売はなく、交換ブラシヘッドの購入などに難があったのですが、現在はAmazonにおいても複数の製品・交換ブラシヘッドなどが販売されています。

日本公式サイトから抜粋の会社の概要は以下です。

  • 「Oclean」は、2016年5月に創立された、Shenzhen Yunding Information TechnologyCo., Ltd.の
    デジタル口腔ケアブランド。
  • 本社は中国の深セン、中国の西安にソフトウェア開発センター、香港とアメリカに支社あり。
  • 従業員のうち、技術者が約半数を占める。
  • 電動歯ブラシなどにおいて、400以上の特許を出願。
  • 「iFデザイン賞」「グッドデザイン賞」など20以上の世界各国のデザイン賞を受賞。

 

外観

続いて外観について記載します。

 

▼当サイトで多くレビューしているタブレットやミニPCよりも厚めのしっかりした外箱です。

 

▼上にノズル 2本、下のケースに本体が収まっています。

 

▼付属の樹脂製のケース、ノズル 2本、マグネット式の充電ケーブル。USB充電器は付属していませんが(スマホなどの充電器を使用できます)、充電器との接続はUSB-Aです。

 

▼操作方法が記載されている説明書。裏面は英語です。強さの調整のためにはアプリが必須ですが、アプリインストールのQRコードも掲載されています。操作方法は概ね網羅していますが、字が小さく、老眼の私には厳しいです。

 

▼パープルとホワイトの2色展開ですが、レビューするモデルはパープルです。実機はパープルと言うよりもブラックとグレイの中間あたり、照明の角度によってはブラウン混じりのパープルにも見えます。

 

▲▼上の写真では右のボタンが映っていませんでしたので Amazonの画像も掲載します。ボタン類は右から、「モード切替バタン(短く押下で切り替わり)」、「電源ボタン 兼 バッテリー残量表示ランプ(白はフル充電、白の点滅で充電中、赤で要充電)」。「モードのお知らせランプ」。左は充電用の端子です。

 

▼タンク部分は簡単に取り外すことができます。1回当たりの動作は25秒もしくは36秒(モードにより異なる)ですが、タンク満タンで1回分が目安です。連続使用の際には都度 水を補充する必要があり、これがやや面倒です。また、水の注入口がやや小さく、もう少し大きいとよかったかも。

 

▼ノズルの挿入部分。ノズルの挿入・360度の回転・取り出しは硬さもなく、程よいもの。

 

▼ノズルを付けたうえでの全体像。IPX5の防水(約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件で、あらゆる方向から噴流を当てても機器の機能が動作する)に対応していますので、電源端子も含めて、洗面台で全体を洗う程度では何ともないです。

 

▼水タンクを外したうえでの、マニュアルを除く製品の一式です。

 

▼あえての仕様かと思いますが、マグネット式の充電プラグのマグネットが弱く、本体を少し移動させるとケーブルが外れてしまいます。

 

▼モード選択ボタン・電源ボタンは以下のように点灯します。

 

▼底に向かって絞られているため、「立てた際に不安定になるのでは?」と思ったものの、心配無用でした。

 

アプリインストール、操作

前述のとおり、7段階の強さの調整は、以下のアプリ「Oclean Care+」の利用により行います。アプリの使用にあたっては、メールアドレスの登録を行う必要があることに留意ください。

Oclean Care+

Oclean Care+
無料
posted withアプリーチ

 

▼iPhoneでのBluetoothの接続情報。製品名どおりの「Oclean W1」で認識されています。

 

▼「Oclean Care+」アプリでのデバイス情報。同社の複数製品を登録・管理できます。最下段のとおり、ファームウェアの更新があった場合には、アプリ経由で行います。

 

▼開封直後の使用間もない頃のアプリでの情報です。Bluetooth 接続(本体にペアリングボタンなどはありませんが、すぐに接続できます)により、バッテリーの残容量の連携、噴射レベルの調整を行うことができます。

 

▼上の画像の「レベル1」の箇所の押下により以下の画面となり、レベルを1から7まで、「ジェントル(ソフト)SPAモード」と「スタンダートSPAモード」の2種類を選択できます。レベルとモードを合わせて、9つの選択肢があり、変更を行うと3秒前後で選択後のレベルなどが使用可能となります。

なお、公式サイトの製品情報に「SPAモード」について以下の記載があります。

歯ぐきが敏感な方のためのSPAモード。ソフトおよびスタンダードSPA モードは、歯と歯茎に心地よい
マッサージモードが用意されています。

 

画像に記載のとおり、各レベルでのクリーニングは25秒持続し自動的停止します。約10日間ほどの使用では25秒は短く、何度か繰り返すことになります(あくまで私の使用例です。後述の噴射が強い・弱いも含めて、感じ方は人それぞれ)。

 

その他、画像は割愛しましたが、日別の口腔洗浄記録(水量、回数)、ノズルの使用状況の管理などを行うことができます。

 

使用感

使用感については、私と家族二人のコメントも含めて記載しています。全般的には製品受領前の期待値に やや及ばずの使用感。歯の隙間に詰まった食べかすなどはよく落ちるものの、クリーニングしている感では、 一般的な水を流し続けるタイプとの認識です。ただし、小さなタンクのコンパクト・軽量の洗浄機ですので、旅先や出張先に手軽に持ち運べるメリットは大きいです。

マイナスのポイントは以下です。

  • 本体の落下防止のための仕様だと思いますが、マグネットの充電ケーブルが外れやすい。ケーブルを動かすと簡単に外れてしまいます。
  • 人それぞれの間隔となりますが、1回あたり(自動停止するまで)の使用時間 25秒は短く、数回繰り返すことになります。
  • 「3時間の充電により、最大30日間使用可能」とありますが、1日25秒を2,3回ほどの使用の場合と思われます。私の使い方では 1週間~10日ほどのバッテリー持ちです。ただし、充電時間(3時間)も短いため、課題とはなりません。
  • 噴射時の音は極端に大きくないものの、洗面台の扉を開放していると、3mほど離れた家族が気が付く音量です。
  • 使用後の心地よさとしては、水を流し続けるタイプ。本製品はピンポイントでの間隔を置いての噴射となり、コンセプト自体が異なります。

 

プラスのポイントは以下です。

  • 本体でのモード選択、電源オンボタンの操作性はよく、アプリでの噴射レベルの切替の反応もスムーズです。
  • また、アプリの初回ペアリング、アプリ起動でのBluetooth接続もスムーズです。
  • 噴射の強さの感じ方は人それぞれですが、私としては適正のように思います。私は当初 向きを間違えて舌に噴射してしまったのですが、レベル1でも舌への噴射は痛いです。歯茎も含めた噴射は、私にとってはレベル5で程よい感覚。歯茎に当たっても、私にとっては全く痛みはありません。
  • ピンポイントでの噴射であり、また、程々に強い噴射のために、歯の隙間など狙った場所の食べかすなどもよく落ちます。
  • 製品紹介にある「着色汚れまでしっかり除去」するほどに使用していませんが、歯を触った感触では 表面も綺麗になっているように感じます(感覚的なものです)。
  • 軽量、コンパクトなうえ、本体のホールド感もよいものです。製品自体は太さはありますが、使用時には太すぎず細すぎず、ちょうどよいホールド感です。

 

2023年10月11日追記。Ocleanさんより、10月14日(土)~15日(日)に開催される
「Amazon プライム感謝祭」の情報をいただきました。今回レビューの「Oclean W1」は税込 10,800円のところ、キャンペーン価格 8,970円での販売です。