MINISFORUM MC560 実機レビュー、USB PD / Alt対応、Web Cam / スピーカー内蔵で利便性抜群、Ryzen 5 5625U搭載でキビキビ動作 | Win And I net

MINISFORUM MC560 実機レビュー、USB PD / Alt対応、Web Cam / スピーカー内蔵で利便性抜群、Ryzen 5 5625U搭載でキビキビ動作

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

今回レビューする製品は、Web カメラとマイク、デュアルスピーカーを内蔵するミニPC「MINISIFORUM MC560」です。ミニPCらしからぬデザインで、CPUにAMD Ryzen 5 5625U、メモリ 16GB(32GB版もあり)、PCIe SSD 512GBと基本スペックも高いです。

開封して驚いたのが、縦置きなこともあり想像以上にコンパクトなこと。内蔵スピーカーも 動画の声を聞き取りやすく、Web カメラやスピーカーフォンなどの追加コストなく、オンライン会議などで活用することができます。

また、USB PD / Alt モード対応となり、PD対応のモニターでは ケーブル1本で MC560に給電・モニターへ映像出力することができ、安定動作しています。

レビューする製品はこちら

MINISFORUM MC560、公式ストア

MINISFORUM MX560のスペック

「MINISFORUM MC560」のスペックは以下の記事にも掲載していますが、レビューする実機のスペックを記載します。レビュー機は メモリ 16GB / PCIe SSD 512GB版ですが、メモリ 32GB / PCIe SSD 512GB版も販売されています。

MINISFORUM MC560、AMD Ryzen 5 5625U、Web カメラ、デュアルスピーカー搭載のミニPCが販売開始。同CPU搭載・人気のUM560よりも割安

 

CPU AMD Ryzen 5 5625U、6コア12スレッド
GPU Radeon RX Vega 7
メモリ  DDR4-3200 16GB (8GB x 2)、最大 64GB
ストレージ M.2 PCIe 3.0 512GB
WiFi WiFi 6e
Bluetooth 5.2
ポート類 HDMI 、USB Type-C(Alt DP、PD対応)、USB-A 3.2 x 2、有線LAN
サイズ 4.2 × 2.7 ×6.0インチ(10.67 x 6.86 x 15.24cm)
OS Windows 11 Pro
その他 QHD 2.5K 解像度 Web Camera、デュアルスピーカー(3W x 2)、デュアルマイク、設置面は10°の傾斜あり

 

▼CPUには、GaN 電源アダプターが付属することで人気の「UM560」にも掲載の、AMD Ryzen 5 5625Uを搭載しています。

MINISFORUM UM560、AMD Ryzen 5 5625U搭載のミニPCが販売に。GaN 電源アダプター、縦置きスタンドも付属
MINISFORUMより、CPUに6コア12スレッドのAMD Ryzen 5 5625Uを搭載するミニPC「UM560」がリリースされました。2スロットのメモリ、ストレージはM.2 PCIe SSDを標準装備、2.5インチ SATA HDD...

 

▼基本スペックも Ryzen 5 5625U / メモリ 16GBと高いうえに、最大の特徴はコンパクトな筐体に Web カメラとデュアルスピーカーを内蔵していること。在宅勤務などでのオンライン会議では、追加オプションなしに そのまま利用することができます。

一方、WEb カメラを内蔵していることもあり、ユーザーで外枠を外し、メモリ・SSDを換装することができません。

 

▼5,000円前後で販売されている 一般的な外付け Web カメラはHD1080P画質の製品が多いなか、QHD 2.5K 解像度 @ 30Hz、広視野角 93.8°のWeb カメラを搭載しています。

実機のシステム情報

続いて実機から抽出のシステム情報を掲載します。

 

▼Windows 11の「設定」から抽出のシステム情報。もちろん、製品情報どおりの、AMD Ryzen 5 5625U、メモリ  16GB。OSは Windows 11 Pro

 

▼こちらはフリーソフト「HWiNFO(HWiNFO、Windows PCのデバイス詳細情報やCPU温度など、導入必須のフリーソフトの概要」にて抽出のシステム情報。クリックで拡大できます。

 

▼メモリはDDR4 8GB x 2の16GB、デュアルチャネルで動作しています。

 

▼メモリはA-Dataの8GB x 2。同社のメモリは国内販売においても販売されています。なお、前述のとおり、Web カメラを内蔵していることなどにより、MC560は外枠を外してメモリやSSDの換装を行うことはできません。

▲PCIe SSDの型番は「ESO512GYLCT-EP3-2L」とありますが、ブランド・製造元は不明です。ただし、MINISFORUMの上位機あるいは 以下の記事で実機レビューのUM450でも搭載されているSSDです。

MINISFORUM UM450 実機レビュー、シリーズ エントリー構成ながらも十分に快適動作。負荷をかけてもほぼ無音の静音性
CPUにAMD Ryzen 5 4500Uを搭載するミニPC「UM450」の実機レビューです。同シリーズとしては上位の「UM580」や「UM690」が人気ですが、「UM450」はこれらと同じボディを採用し、縦置きスタンドが付属しています。 ...

開封、外観

続いて開封・外観について記載します。開封して まず感じたことは、想像よりもコンパクトであること。大雑把に言えば、通常のミニPCを縦置きにし、Web カメラを内蔵するスペースを縦に伸ばしたイメージです。

開封

 

▼ブラックを基調とした外箱です。写真では大きく見えますが、実測 187 x 137 x 134mmとコンパクトな外箱です。

 

▼裏側にスペックが掲載されています。中央に選択したオプションのシールがありますが(斜めになっていることはご愛嬌)、レビュー機のメモリは 8GB x 2の16GB、PCIe SSD 512GB

 

▼厚みのある保護材で保護されています。

 

 

▼仕様と接続方法の記載がメインとなる説明書、セットアップのしおりが付属しています。

▲▼以下の記事にも記載していますが、海外での販売がメインとなるPCでは(通常の場合、英語版 Windowsがセットされています)、Windows 11の初期設定で言語を日本語を選択した場合にも、キーボードのレイアウトは英語キーボードとなっています。このため、キーボードのレイアウト変更などの「しおり」が付属しています。

Windows 11 、初期設定直後に行いたい10個の追加設定。IMEの変更、英数・かな切替の割り当て、スリープ設定など
これまで Windows 10から11への更新、新規購入のPC、MacBookでの仮想環境など、多くのWindows 11 PCの初期設定を行ってきました。このなか、初期設定直後に行う追加設定、インストールするソフトなどが定着しましたので、...

 

 

▼サイズ感を確認しやすいよう、マウスを並べて撮影しました。

 

▼パンチング状の部分も含めて樹脂製のボディです。

 

▼ハード面での付属品は、本体と比較すると大きなACアダプターと、HDMIコード。ACアダプターは、もちろん日本仕様です。

外観

前面の電源ボタンとスピーカー、上部のWeb カメラ、サイドと裏側のポート類の配置から縦置きで使用します。縦置きの省スペースでもあり、10.67 x 6.86 x 15.24cmのサイズよりもコンパクトに感じます。また、パンチング調の外枠など、ミニPCらしくない外枠のデザインはよいですね。

 

▼電源ボタンのある前面より。Web カメラのレンズ中央までの高さは 実測 143mmです。

 

▼電源オン時には、このようにブルーのLEDが点灯します。

 

▼こちらの上部の通風孔から内部の熱が排出されます。

 

▼Web カメラを拡大。

 

▼前面の電源ボタンのある側から見て左のサイドには、リセットホールを備えています。アルミパンチング板状の部分も含めて、全面樹脂製です。

 

▼こちらは右サイド。下側にイヤホンジャック、USB-A 3.2 Gen2ポート、PD / Alt対応のUSB Type-Cポートがあります。

 

▼ポート部分を拡大。後述していますが、ディスプレイが PD対応のUSB Type-C 映像入力ポートを備えている場合、PD / Alt対応のUSB Type-Cポートに接続することにより、ACアダプターやHDMIケーブルなしで、MC560に給電しつつの映像出力が可能です。

 

▲▼左サイドの全体像を、以下の「MINISFORUM UM450」と「Beelink SER5」を縦置きにして並べてみました。ざっくり言えば、MC560は Web カメラを収める分ほど高さがあるイメージです。

MINISFORUM UM450 実機レビュー、シリーズ エントリー構成ながらも十分に快適動作。負荷をかけてもほぼ無音の静音性
CPUにAMD Ryzen 5 4500Uを搭載するミニPC「UM450」の実機レビューです。同シリーズとしては上位の「UM580」や「UM690」が人気ですが、「UM450」はこれらと同じボディを採用し、縦置きスタンドが付属しています。 ...
Beelink SER5 ミニPC 実機レビュー、AMD Ryzen 5 5560U / RAM 16GBを搭載しキビキビ動作、通常作業時には無音で作業効率もアップ
今回レビューする製品は、CPUに6コア12スレッドの「AMD Ryzen 5 5560U」を搭載するミニPC「Beelink SER5」。標準構成でメモリ 16GB、PCIe SSD 500GBを装備し、OSはWindows 11 Proで...

 

▼背面には USB-A、HDMI、有線LANポートがあります。スペース的に厳しいですが、サイドにあるPD / Alt モード対応のUSB Type-Cポートをディスプレイ接続することを考慮すると、これは背面に配置してほしかったです。

 

▼底面には上下のゴム製の台座、Web カメラを傾けるためのスタンドがあります。

 

▼樹脂製のスタンドを広げた様子。スタンドを開く際には やや硬いです。10°と傾斜は大きくないため、使用中に倒れる心配はありません。

コメント