Mac mini ドッキングステーション、9製品の特徴。統一感重視のSatechi、PCIe SSD ・映像出力 2ポートを装備のQwiizlab など | Win And I net

Mac mini ドッキングステーション、9製品の特徴。統一感重視のSatechi、PCIe SSD ・映像出力 2ポートを装備のQwiizlab など

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Mac miniと統一感のあるデザインで、USBポートやSSDを増設可能な「Mac mini用のドッキングステーション」。国内外通販で多くの製品が販売されていますが、代表的な9製品について、その特徴を記載します。

USB 3.0、USB Tyepe-C(データ専用)、2.5インチ SATA SSD / HDDを増設可能な製品が多いなか、PCIe M.2 SSD ポートとHDMI / DisplayPortを装備する製品もあります。

ドッキングステーション、購入検討時の留意事項

私が Mac mini ドッキングステーションの国内外通販サイトや、各所のレビュー記事をじっくりと参照したなかで、購入検討時の留意事項を記載します。

  1. わるく言えば 単なるUSB ハブですが、デザイン、Mac miniとの統一感が大きな魅力。
  2. M1 Mac mini / Mac mini 2018モデルに対応する USB Type-Cでの接続。それ以前のMac miniでは USB Type-C to USB A 変換アダプターを介しての接続(実際に試していません)となるものの、M1 Mac / 2018以前のモデルでは機能が限定されます。
  3. 製品のイメージ画像では、Mac miniとドッキングステーションの設置面の隙間を狭く、色合いの相性をより高く見せる傾向があります。このため、AmazonやAliExpress、個人サイトでの実機レビュー記事をじっくりと参照しましょう。
  4. イメージ画像ではどの製品もアルミ製のように見えますが、Satechiの製品以外は樹脂製(例外もあるかも)です。

 

▼上記3の設置面の隙間についての補足です。

下の左の画像のとおり、ドッキングステーションに Mac miniの底面にあわせて 窪みがある製品は、ドッキングステーションを下に置いた際の隙間が小さくなりますが、窪みのない製品では隙間が大きくなります。また、ドッキングステーションを上に置いた場合には、ドッキングステーションのゴム足の高さ分の隙間となります。

ドッキングステーション、5製品の特徴

上記の留意事項を前提に、複数あるドッキングステーションのうち、私が通販サイトにお気に入りとして登録している 5製品の特徴を記載します。なお、国内外通販ともに、同一製品を異なるブランド名で販売していることもありますが、代表的なブランド名で表示しています。

Satechi、Mac miniとの統一感が高い

他社製のドッキングステーションにおいても、角のRなど Mac miniとのデザインの統一感は高いのですが、アルミ製ボディ(他社製は樹脂製のアルミ調塗装が多い)や、電源LEDの位置なども含めて、統一感がダントツなのが「Satechi」のドッキングステーション。

SATAのM.2 SSDを増設できるタイプ(SATA接続のSSD、PCIe(NVMe対応)接続には未対応)、増設できないタイプの2種類がありますが、用途に応じての選択となります。

 

▼アルミ製ボディ、電源LEDの位置、設置面の窪みも含め、Mac miniとの統一感はダントツ。ただし、M1 Mac miniとの色の親和性は今一つとのコメントも散見されます。

 

▼ポート類は USB A 3.0 x 3、USB Type-C(データ専用)、カードリーダー。SATA M.2 SSDを増設可能なモデル、増設不可のモデルがあります。

アトラス、PCIe SSDを増設可能

アトラスのドッキングステーションは、2.5インチ HDD / SSDのほか、SATA / PCIe(NVMe 対応)の双方に対応する M.2 SSDを増設できることが最大のポイント(M.2 SSDを増設できないモデルもあり)。

設置面に Mac miniにあわせた窪みがあると 更によいのですが(上の画像は隙間を狭く見せています)、見た目よく設置する場合には、Mac miniの上に置いての使用となります。

 

▼PCIe(NVMe対応)/ SATA双方のM.2 SSDを増設できることが最大の特徴。これにより、私が購入候補としている製品です。

 

▼ポート類は USB A 3.0 x 3、USB Type-C(データ専用)、カードリーダー。SATA M.2 SSDを増設可能なモデル、増設不可のモデルがあります。また、補助電源用のUSB Type-C ポートも装備しています。

Hagibis、PCIe SSDを増設可能、DisplayPortを搭載

Hagibisのドッキングステーションは、上記のアトラスの製品と同様に、2.5インチ SSD / HDDとSATA / PCIe M.2 SSDを増設可能なモデルが 国内通販でも販売されています。価格的には Amazonのアトラス製品が安価ですが、海外通販のAliExpressでは さらに DisplayPortを装備する「Pro」バージョンが販売されており、機能としてはこちらが最強のモデルとなります。

 

▼アトラスの製品と同様に、2.5インチ SSD / HDDとSATA / PCIe M.2 SSDを増設可能なことが大きな特徴。ポート類の位置・前面のLEDの位置関係から、アトラスと同一製造元と思われます。

 

▼ボディはアルミ調塗装の樹脂製。

▲▼SATA / PCIe 双方のM.2 SSDを増設可能なこと、4K / 60Hzに対応のDisplayPortを装備しているPro バージョンの存在が最大の特徴です。なお、画像は省略しましたが、ボディの素材はアルミ+ABS樹脂とあり、外枠がアルミ製の場合には、さらにポイントが高くなります。

 

▼AliExpressでの販売情報。DisplayPortを未装備のバージョンとの選択制となっており、注意が必要です。ポート類は USB A 3.0 x 3、USB Type-C(データ専用)、カードリーダー。Amazonでも販売されていました

 

▲▼上の画像のように、同社のスタンドと組み合わせることもできます。

Mac mini 専用ファンに縦置きスタンド、冷却対応で検討したい4種類の周辺機器
今年(2022年)の夏の異常なほどの暑さもあり、記事編集などで使用している Mac mini 2012 Core i7モデルの熱気がすごく、顔面にその熱が伝わってきます。以下の写真・記事のとおり、緊急避難的に汎用ファンで冷却しているのですが...

 

2022年10月23日追記。Amazonにて、Hagibis 縦置きスタンドを購入しました。シルバーのMac miniとの色合いもバッチリとなり、アルミ製の厚いスタンドにより、しっかりと固定できます。
Hagibis、Mac mini 縦置きスタンド レビュー、肉厚アルミでしっかりホールド、Mac miniとの色合いも見事にフィット
Mac miniの冷却対応とデスクの省スペース化のため、Hagibisの縦置きスタンドを購入しました。ダイヤモンドカット加工されたネジの側面も含めてアルミ製となり、シルバーのMac miniとの色合いのマッチングも上々で、購入して後悔なしの...

Qwiizlab、PCIe SSDを増設可能、HDMI / DisplayPortを搭載

こちらは上記のHagibisとデザインとしては同型と思われますが、HagibisのPro版の映像出力が DisplayPortのみであるのに対して、Qwiizlabの製品は HDMIとDisplayPortの2つを備え、双方ともに 4K@60Hzの出力に対応しています。

ただし、対応のMac miniは、2020 Mac mini (Apple M1)、 2022 Mac Studio (Apple M1 Max & M1 Ultra),、2018 Mac mini (Intel Core)となります。

本記事の投稿後に Qwiizlabの製品を追記したのですが、2つの映像出力ポートに加え、2.5インチ SATAとM.2 PCIe / SATAの2つのSSDの増設に対応し、Mac miniのドッキングステーションの拡張性としては最強です。

 

▼なお、接続方法の制限はありますが、8K@30Hzの出力も可能とあります。

 

▼こちらの映像出力に対応するPro Max 版(UH25 Pro MAX)のほか、映像出力ポートのない Pro版(UH25 Pro)も販売されています。

 

2022年10月23日追記。Hagibisの製品は、DisplayPortのみとなり、HDMI + DisplayPortのバージョンがないと記載しましたが、 Qwiizlabの製品と同様に(ブランド違いの同一製品と思われる)販売されていました。

EVOLVE、HDMIポートを装備

Amazon 以外のレビューは見当たらないのですが、VGA / HDMIポートを装備し、他製品よりも安価なこともあり、私としては魅力的なEVOLVEの製品です。2.5インチのHDD / SSDも搭載可能であり、一般的な用途では十分な拡張性。

 

▼VGA / HDMIの映像出力ポートを装備することが最大の特徴。HDMIは4Kに対応していますが、リフレッシュレートは 30Hzとなります。ボディは樹脂製・他社製よりも厚みはありますが、USB ポートは、3.0 x 2、2.0 x 2。USB Type-Cは未装備です。