Geekbench 6 vs 5のスコア、M2 / M1 Macなど、数台のPCで実測スコアの相関を確認してみた | Win And I net

Geekbench 6 vs 5のスコア、M2 / M1 Macなど、数台のPCで実測スコアの相関を確認してみた

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

2023年2月18日現在、Windows / macOS / iOS / iPad OS / Androidともに、Geekbench 5からGeekbench 6に置き換わっています。私は実機レビューしたPC / 紹介したPCなど、Geekbench 5のスコアを整理していましたが、あらためて Geekbench 6のスコアを計測し、比較する必要も出てきました。

そこで、ごく簡易的に、数台のPCのGeekbench 5 / 6のスコアを計測し、スコアの相関関係を確認してみました。

Geekbench 6 / 5のスコアの基準・指標

上の英文は、Geekbench 5と6のアプリのヘルプ画面の抜粋ですが、以下の記載があります。

  • Geekbench 5は、Core i3-8100のスコア 1000をベースとした指標
  • Geekbench 6は、Core i7-12700のスコア 2500をベースとした指標

 

ややこしいのが、Geekbenhc 6の基準が1000ではなく 2500であること。また、Geekbech 6の基準となる Core i7-12700のGeekbech 5のスコアが2500ではなく 1800前後(シングルコア、正確には1788)であること。こちらのPC Watchの記事に記載のとおり、計測する項目も異なっていますが、単純計算では、Geekbench 5のスコアを1.39倍(2500 / 1788)したものが Geekbench 6のスコアとも言えそうです

私としては、以下の記事にて これまでレビューしたPC、あるいは紹介した主だったPCのGeekbench 5の一覧を掲載していたのですが、新規にレビューあるいは紹介するPCとの比較において、これまでにレビューしたPCは Geekbench 6を再計測する煩わしさがあります。

PC 実機で計測、Geekbench CPU ベンチマークスコアの一覧、サクサクと動作するスコアの指標
これまで実機レビュー、あるいは紹介したWindows PC / Macのサイト内検索、私自身の参照用の位置づけとなりますが、私がPCのパフォーマンスを確認するうえで指標の一つとしている「Geekbench 5、CPU ベンチマークスコア」の...

 

▼Macの場合には Big Sur以降が対象のようです。macOS High Sierraの古いMacではエラーとなりました。

Geekbench 6 / 5のスコアの相関

上で「単純計算では、Geekbench 5のスコアを1.39倍したものが Geekbench 6のスコアとも言えそうです」と記載しましたが、これを確認すべく、数台のPCで、Geekbench 6と5のスコアを比較してみました。

M2 Mac Pro Mac mini

最初に比較するのは、以下の記事でベンチスコアを計測の、10コアのM2 Pro Mac mini。

M2 Pro Mac mini 実機レビュー、ベンチスコアとシステム情報編。SSD 512GBのスコアは M1 256GBよりも多少高くて一安心
昨日(2023年2月3日)に注文した M2 Proを搭載のMac miniを、注目翌日の本日(2月4日)受領しました。早速、ベンチスコアを計測しましたので、実機のシステム情報とあわせて速報ベースでお伝えします。その他の機能や使用感については...

 

▼上はGeekbech 6、下はGeekbench 5のスコアです。Geekbench 6のシングルコアのスコアは 2634となり、基準となる Core i7-12700のスコア 2500より 多少高いスコアです。Geekbench 5のスコアを1とした場合、Geekbench 6のスコアは 1.36倍

M1 MacBook Air

続いて、以下の記事にてベンチスコアをレポートのM1 MacBook Airです。

M1 MacBook AirをVenturaに更新、ベンチスコアをMontereyと比較してみた
M1 MacBook AirのOSを「Monterey」から「Ventura」に更新しました。「このMacについて」と「システム設定」の表示の変更に戸惑いを感じるなか、ベンチマークを走らせ「Monterey」「Big Sur」とのスコアを比...

 

▼シングルコアは Geekbench 5の1743に対して Geekbench 5は2314となり、倍率は 約1.33倍

インテル iMac 2015モデル

以下の記事で実機レビューの「iMac 21.5 4K 2015」のスコアです。

iMac 21.5 4K Late 2015、実機のベンチマークスコア。Core i5- 8279U相当となり、2022年現在でも まだまだ現役
フリマで購入した中古の「iMac Retina 4K  21.5インチ  Late 2015」の、今さらながらのベンチマークスコアを掲載します。この機種(4K モデル)の中古漏れなくとも言える 液晶の四辺に赤みを帯びており、また、私の個体で...

 

▼シングルコアは Geekbench 5の916に対して Geekbench 6は1150となり、倍率は 約1.26倍

インテル MacBook 12 2016モデル

私が最も MacBookらしいと思う端末が、こちらのMacBook 12インチ。ペタペタ感の強いバタフライキーボードは賛否両論ありますが、私にとっては快適で他のMacBook以上に高速タイピングできています。
https://winandinet.jp//entry/macbook-12-review-1/

 

▼シングルコアは Geekbench 5の560に対して Geekbench 6は1150となり、倍率は 約1.29倍

 

Windows 11、AMD Ryzen 5 5560U

続いて、以下の記事で実機レビューの、AMD Ryzen 5 5560Uを搭載するミニPC「Beelink SER5」。記事の編集やオフィスソフトでは M1 Macと遜色ないレスポンスで動作し、WindowsのメインPCとして使用しています。

Beelink SER5 ミニPC 実機レビュー、AMD Ryzen 5 5560U / RAM 16GBを搭載しキビキビ動作、通常作業時には無音で作業効率もアップ
今回レビューする製品は、CPUに6コア12スレッドの「AMD Ryzen 5 5560U」を搭載するミニPC「Beelink SER5」。標準構成でメモリ 16GB、PCIe SSD 500GBを装備し、OSはWindows 11 Proで...

 

▼シングルコアは Geekbench 5の1281に対して Geekbench 6は1704となり、倍率は 約1.33倍

Windows 10、Core i5-7300U

以下の記事で実機レビューの「富士通 LIFEBOOK U937/R Core i5-7300U版」での比較です。13.3インチにして、約799gの軽量ノートですが、メモリ 12GBに増設 / PCIe SSDに換装して使用しています。

LIFEBOOK U937/R Core i5-7300U版 実機レビュー、メモリ増設・PCIe SSDに換装で更に快適仕様に。中古ながらも液晶も綺麗
ヤフオクにてジャンクと明記のある「富士通 LIFEBOOK U937/R」を 13,500円で購入したのですが、これが良い意味で大当たり。CPUはCore i5-7300U、メモリ 4GB、SSD 128GB(OSなし)、ACアダプターなし...

 

▼シングルコアは Geekbench 5の938に対して Geekbench 6は1098となり、倍率は 約1.17倍。上の4製品とは異なる傾向に。Geekbench 6の計測時間も約6分と時間を要しました。

WIndows 11、Core i5-6300U

こちらは先日 Windows 11に更新した「Let’s note CF-SZ5」。Core i3-6300U / メモリ 8GBですが、Windows 11では、10よりも やや体感レスポンスが悪化しているように感じます。

Let's note CF-SZ5にWindows 11をクリーンインストール。インストールのポイントとWin 11の使用感
Windows 11に更新のシステム要件を満たしていない「Let's note CF-SZ5」ですが、先日 Windows 11 Proをクリーンインストールしましたので、システム情報、インストールの手順、CF-SZ5でのWindows 1...

 

▼シングルコアは Geekbench 5の770に対して Geekbench 6は866となり、倍率は 約1.12倍。倍率としては 上記のLIFEBOOKに近く、この世代のCPUでは Geekbench 6のスコアは低くなる傾向にあるかも。

まとめ

Mac 3台、Winodws 3台のPCにて、Geekbench 6 / 5のスコアを比較する範囲内ですが、おぼろげながらも. スコアの相関は以下と言えそうな感覚です。3,4については、比較したPC台数が少ないために参考情報の位置付けです。

  1. 前提として、Geekbench 5は Core i3-8100のスコア 1000をベースとした指標、Geekbench 6は Core i7-12700のスコア 2500をベースとした指標。
  2. Core i7-12700のGeekbench 5のシングルコアのスコアが 約1800であることから、単純計算では Geekbench 6のシングルコアのスコアは、Geekbench 5のスコアは 約1.39倍(Geekbench 6のスコアが高くなる)。
  3. 実測での比較では、ミドルレンジ以降のPCでは、Geekbench 6のシングルコアのスコアは、Geekbench 5の1.3倍程度。
  4. 一方、エントリーからミドルレンジまでは、Geekbench 6のシングルコアのスコアは、Geekbench 5の1.1倍程度か。