Ryzen 7 5700U搭載 ミニPCが 39,920円でセール中。実機の外観・使用感のポイント | Win And I net

広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Ryzen 7 5700U搭載 ミニPCが 39,920円でセール中。実機の外観・使用感のポイント

CPUにAlder Lake-N N100を搭載するミニPCが人気となっていますが、もう1ランク上位のスペックの製品としては、AMD Ryzen 7 5700Uを搭載するミニPCも選択肢の一つです。

上の写真は先日レビューした Ryzen 7 5700Uを搭載のミニPCですが、旧世代のZen 2 アーキテクチャであるものの、普段使いとしては十分にサクサクと動作します。

上の写真・以下の記事でレビューしたミニPCと同モデルの製品が、Amazonにてタイムセールを行っていますので(3月30日現在)、あらためてスペックと使用感を記載します。

関連記事

Ryzen 7 5700Uを搭載のミニPC「T-Bao MN56U」実機レビュー。静音性に優れ、電源はUSB-C、映像出力は3系統

 

スペック

OEM製品となりますが、国内外通販では「SKY BARIUM」「T-Bao」、その他のブランドから販売されています。

CPUAMD Ryzen 7 5700U、Zen 2、8コア16スレッド
GPUAMD Radeon Vega
メモリ16GB (8GB x 2) 、DDR4-3200
ストレージ512GB PCIe 3.0  SSD、2.5インチ SSD / HDDを増設可能
WiFiWiFi6 対応
Bluetooth5.0
ポート類USB Type-C x 2(65W電源、PD対応)、HDMI、DisplayPort、USB 3.0 x2、USB 2.0 x 2、有線LAN x 2
サイズ13.3 x 13.3 x 5cm
OSWindows 11 Pro

 

他の電源アダプターの流用は積極的におすすめしませんが(出力に応じて動作しないこともあるため)、電源はUSB Type-Cです。また、製品紹介には明記されていませんが、実機にてAlt モードで動作することを確認済です。

Alt モードにより、外部モニターがPDに対応している場合(少なくとも 65W以上が必要と思われます)、外部モニターのUSB-C ケーブルをPCに接続することにより、PCへの給電とモニターへの映像出力に対応しています。

 

▼Alt モードは こちらのモニターにて確認しています。

Innocn 40インチ ウルトラワイドモニターが 60,990円で販売中(10/2時点)。約8ヶ月の使用感のポイント

 

▼Geekbench 5における、Zen 2 アーキテクチャのRyzen 7 5700Uのスコア(上)と、Zen 3のRyzen 5 5560Uのスコア。シングルコア・マルチコアのトータルでは、ほぼ同程度とも言えそうです。シングルコアでは Ryzen 5 5560Uが優位ですが、体感できるほどのスコア差ではありません。

全般的な体感レスポンスは、Web サイトのブラウジング、動画視聴、Excelなどの在宅勤務では、上位機と大きな体感差もなく サクサクと動作します。

 

▼上に「製品紹介には明記されていませんが、実機にてAlt モードで動作することを確認済」と記載しましたが、下の画像にさりげなく「Alt モードに対応」らしき記載がありましたね。

 

外観、内部の構成

詳細なレビューは以下の記事に掲載していますので、ここでは外観と内部の構成のポイントを掲載します。なお、レビュー機は別ブランドの同一製品です。

Ryzen 7 5700Uを搭載のミニPC「T-Bao MN56U」実機レビュー。静音性に優れ、電源はUSB-C、映像出力は3系統

 

▼電源ボタンを天板の隅に配置する、珍しいタイプのミニPCです。筐体は樹脂製となりますが、それほど安っぽさは感じません。

 

▼電源は背面のUSB-C、映像出力は HDMI / DisplayPort / USB-Cの3系統。

 

▼メモリはDDR4-3200の2スロット。上の事例のような、16GB x 2に換装することもできます。

 

▼天板裏に、2.5インチ HDD / SSDを増設することもできます。

価格情報

メモリ 16GB / SSD 512GBのセットモデルの、2024年3月30日現在のAmazon タイムセール価格は 39,920円。Alder Lake-N N100のミニPCが2万円前後から2万円台半ばでの販売であり、約15千円ほどの追加で、1ランク上、Alt モードに対応のミニPCを購入することができます。

なお、さらに上位で以下の記事でレビューの製品と同水準の(体感レスポンスは同程度)、Ryzen 7 5800Hを搭載するミニPCは概ね5万円台となり、コスパ度としては本製品が優れています。

Beelink SER5 Pro 実機レビュー。AMD Ryzen 7 5800Hにより キビキビ動作、2個のファン装備で冷却も万全、しかも静音仕様

 

▼AmazonとAmazon以外の価格差は大きいです。

 

▼悩ましいのは、時おり Ryzen 7 5800HのミニPCが 4万円ちょいで販売されていることがあること。3月30日現在の価格は 48,800円です(Amazonはこちら)。

TRIGKEY Speed S5 Pro、Ryzen 7 5800H搭載のミニPCが 41,640円で販売中。同スペックの他社製品より5千円安