Xiaomi Pad 6 Pro、Snapdragon 8+,RAM 12GB,67W急速充電,50MP カメラと、無印 Pad 6より大幅機能アップ | Win And I net

Xiaomi Pad 6 Pro、Snapdragon 8+,RAM 12GB,67W急速充電,50MP カメラと、無印 Pad 6より大幅機能アップ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Xiaomiの11インチタブレットが「Pad 6」となり「Pad 5」からCPUをメインにスペックアップしましたが、「Pad 6 Pro」は、「Pad 5 Pro」のSnapdragon 870から Snapdragon 8+へと変更となっています。

「Pad 6」と「Pad 6 Pro」との比較では、CPUのほか、メモリとストレージの最大容量、バッテリーの急速充電、カメラの画素数などが異なります。今回は「Xiaomi Pad 6 Pro」の概要について記載します。

2023年5月5日時点では以下での取り扱いとなることに注意ください。

  • 正式には中国語版のみの販売(言語は中国語、あるいは英語。Google Playをインストールできず)と思われますが、AliExpressの以下リンク先の販売店情報には明記ありません。
  • 中国語版に特有のアプリをアンインストールできません。
  • Google Play Store アプリはご自身でインストールする必要があります(AliExpressにリンク先に記載がありますが、導入は簡単です)。
  • Pad 5 Proがそうであったように、日本語版の展開は かなり遅れることと思います。
  • Banggoodでは日本に発送できません。

 

引用元

Xiaomi Pad 6 Pro、Banggood

Xiaomi Pad 6 Pro、AliExpress

関連記事

Xiaomi Pad 6、Snapdragon 870搭載、Android 13ベース、2.8K 解像度にスペックアップ。4/29時点ではグローバル版の販売待ち

Xiaomi Pad 6 Proのスペック

Snapdragon 870を搭載する「Xiaomi Pad 6」のスペックは上のリンク先記事に掲載していますが、「Xiaomi Pad 6 Pro」が優位な事項に黄色網掛け、劣位な事項にピンク網掛けしています。

なお、BanggoodとAliExpressの製品紹介から引用していますが、ストレージ容量の選択肢など、実際と異なることがあるかもしれません(海外通販サイトの販売情報に、全てを網羅していない可能性あり)。

CPU Snapdragon 8+
メモリ 8GB / 12GB
ストレージ 128GB / 256GB / 512GB UFS 3.1
ディスプレイ 11インチ、解像度 2880 x 1800、309 PPI、144Hz リフレッシュレート
リアカメラ 50百万画素
フロントカメラ 20百万画素
WiFi WiFi6 対応
Bluetooth 5.3
LTE 未対応
バッテリー 8600mAh67W 急速充電
サイズ 253.95  x 165.18 x 6.51mm、490g
OS MIUI 14、Android 13ベース
その他 GPS 未搭載、4スピーカー

 

Pad 6においても、従来のPad 5 Pro並みにスペックアップしていることから、無印とPro間に大きな相違はないだろうと思いきや、製品紹介を二度見してしまうほどに異なっています。CPUのSnapdragon 870 vs Snapdragon 8+以外では、下記の事項が異なります。ただし、BanggoodとAliExpressに記載のない事項(メモリやストレージのバリュエーションなど)、私の見落としの可能性もあります。

  • Pad 6 Proは、メモリ 12GBの選択肢あり。
  • Pad 6 Proは、ストレージ 512GBの選択肢あり。いづれも、高速なUFS3.1を搭載。
  • カメラは、無印版のリア 13百万画素 / フロント 8百万画素に対して、Pad 6 Pro リア 50百万画素 / フロント 20百万画素。言い換えると、無印版が Teclast / CHUWI / Blackviewなどの10インチクラス並みであるのに対して、Pad 6 Proはスマホ並みの画素数です。
  • バッテリー容量は、無印の8840mAhに対して、Pad 6 Proは 8600mAhと容量は少なくなっていますが、急速充電は33W vs 67W。

 

▲▼Pad 6 / Pad 6 Proともに「Deep Sleep Mode」を備え、スタンバイでのバッテリー持ちは 49.9日間とあります。一般的なディープスリープ(省電力)の確認については、以下の記事にて記載しています。

Android 端末では、スリープ時のバッテリー消費を課題となることがありますが、Xiaomi独自のディープスリープモードを装備しているように思います。

Android 12 タブレット、スリープ時のバッテリー使用量改善の基本設定とAccBatteryでの確認方法
Android 12 タブレット 複数台でのスリープ時のバッテリー使用量がやや激しく、簡易的にアプリの通知オフ、Bluetooth オフ、機内モードを有効化しWiFiのみをオンにして改善してみましたので、参考までに記載します。 各種設定前の...
Androidでスリープ時の大量バッテリー消費には「AccuBaterry」でディープスリープの確認がおすすめ
Android タブレットがスリープ状態にもかかわらず、1時間に3%もバッテリーを消費する状況が続いており、バッテリー消費への対応のアプリを複数試しています。これらのアプリのなかで、原因解明に大きく前進したアプリが「AccuBaterry」...

まとめ

2023年5月5日時点では、以下の網掛部分に記載のとおり、正式には中国語版のみの販売と思われ(日本語化できないと思われ)注意が必要です。また、リンク先のAliExpressでの在庫はごく僅かです。

Snapdragon 870を搭載する「Pad 6」のおいてもパフォーマンスは十分ですが、「Pad 6 Pro」ではカメラに急速充電、メモリとストレージの搭載容量が異なり、Android タブレットとしてはフラッグシップ機の位置付けです。

OSの仕様においては以下の要注意の前提ですが、AliExpressの同一販売店の最小構成の価格は、「Pad 6」の395.99ドルに対して 「Pad 6 Pro」は479.99ドル。スペックの相違に比較すると、価格差は小さいようです。

 

2023年5月5日時点では以下での取り扱いとなることに注意ください。

  • 正式には中国語版のみの販売(言語は中国語、あるいは英語。Google Playをインストールできず)と思われますが、AliExpressの以下リンク先の販売店情報には明記ありません。
  • 中国語版に特有のアプリをアンインストールできません。
  • Google Play Store アプリはご自身でインストールする必要があります(AliExpressにリンク先に記載がありますが、導入は簡単です)。
  • Pad 5 Proがそうであったように、日本語版の展開は かなり遅れることと思います。
  • Banggoodでは日本に発送できません。

 

引用元

Xiaomi Pad 6 Pro、Banggood

Xiaomi Pad 6 Pro、AliExpress

Xiaomi Pad 6、AliExpress

関連記事

Xiaomi Pad 6、Snapdragon 870搭載、Android 13ベース、2.8K 解像度にスペックアップ。4/29時点ではグローバル版の販売待ち