Google Chrome 110のメモリセーバーを試すも、私の環境では効果を感じず | Win And I net

Google Chrome 110のメモリセーバーを試すも、私の環境では効果を感じず

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Web ブラウザのGoogle Chrome バージョン 110にて、アクティブでないタブのメモリを解放する「メモリセーバー」の機能が追加されています。早速、Windows PCとMacで試してみましたが、私の使用環境では Chromeのメモリ使用量は大きな変化なし。

参照元

Google Chrome、メモリの大食い、やめるってよ、Yahoo! ニュース

Chrome 110のメモリサーバーについて

2023年2月28日、Windows 11 PCとM2 Mac miniにて、Google Chromeがバージョン 110となっていることを確認しました。

 

▲▼「パフォーマンス」の項目に「メモリセーバー」の項目があり、有効化によりアクティブでないタブのメモリを解放とあります。

オンにすると、アクティブでないタブのメモリを解放します。これにより、アクティブなタブや他のアプリで利用できるコンピュータ リソースが増え、Chrome の速度低下を抑えられます。アクティブでないタブは、再度アクセスすると自動的にアクティブになります。

 

なお、Mac 2台とWindows PC 2台で確認してみましたが、上記の同じバージョンのChromeでも「パフォーマンス」の項目がないPCもありました。設定画面を個別に確認したのですが、「パフォーマンス」の項目以外に相違はなく、導入されていないPCでは様子見状態です。

メモリセーバーを試してみるも、私の環境では効果なし

以下のChrome ヘルプには「パソコンの設定やアクティビティによっては、タブを無効にできない場合があります」と記載されています。私のPCの設定に起因するものか未確認ですが、4台のPC2日にて2日に渡り確認したものの、現在のところ 私の環境ではメモリサーバーの効果はなしです。

Chrome のパフォーマンスをカスタマイズする

 

▼タブを15個開いた状態での、タスクマネジャーのメモリ使用量。上はメモリセーバーをオフ、下はオンにしていますが、メモリ使用量は増えています(アクティブにしているタブなどによっても メモリ使用量は異なるため、実態としては変化なしかと思います)。

 

▼日を変えて確認したのですが、タブを7個開いた状況で メモリ使用料は約1GB。上はメモリセーバーをオフ、下はオンの状態ですが、微減にとどまっています。ただし、前述のとおり、アクティブにしているタブによりメモリ使用量は異なるため、ほぼ変わらずといえそうです。それにしても、タブを7個開いた状況で、メモリ使用量1GB弱とは凄まじい消費量です。

 

拡張機能、OneTab

▲▼メモリセーバーでの効果が思わしくないために、久しぶりにChromeの拡張機能「OneTab」を導入してみました。上の画像の900MB台の使用量から 500MBに激減。こちらは大きな効果です。

 

▼拡張機能「OneTab」の導入方法とメモリ使用量の抑制事例です。

メモリ大量使用のChrome、拡張機能「OneTab」導入により 約31% / 1GB抑制の事例
Google Chrome(バージョン 110)のWeb版に搭載された「メモリサーバー」の効果を感じないために、数年ぶりにChromeの拡張機能「OneTab」を導入してみると、これが効果抜群。 「OneTab」の名称どおりに、複数のタブを...